中学生の我が子に“レベルの高い高校”を目指してもらう方法3つ

【ママからのご相談】
中2の娘を持つ母です。公立中学校に通っており、来年は受験です。学校の定期試験ではいつも1位2位で伸び代はもっとあると思うので、公立でレベルの高い高校を目指してほしいと思うのですが、本人にあまりその気がなく、お友達重視です。どうしたら、その気にさせられるでしょうか

他人に合わせてレベルの合わない学校に行っても、本人が苦労すると思うのです(私の体験談です)。よろしくお願いします。

a なぜ親がそう考えるのか、親の気持ちと理由を伝えてあげましょう。

ご質問ありがとうございます。三尾幸司@中学校のPTA会長です。

「もっといい学校にいけるのに」と、子どもに期待してしまう気持ちはよくわかります。とはいえ、子どもは将来のことよりも身近な友達を選びたがっている状況も、わかります。

そんなときに、子どもに自分の思いを伝えるポイントを、3つご紹介したいと思います。

130907mio

(1)子どもの意見を受け止める

真っ向から子どもの意見に反対するのではなく、子どもの意見を聞いて、いったん受け止めてから親の意見を伝えましょう。いきなり反対されると、「話を聞いてくれない!」と思ってしまいますが、子どもの気持ちを聞いてからだと、親の意見も聞いてくれるようになることが多いです。

子どもに対しては、「~しなさい」というYouメッセージの命令形だと、無理やりやらされているように感じます。そうではなく、「私は~と思う」というような、“私が主語”のIメッセージで伝えることで、子どもは自分が選択できる状況にあると考えるようになります。

(2)根拠をきちんと説明する

上記のように、子どもの気持ちを受け止めた上で、なぜいい学校に入って欲しいのか、自分の気持ちをしっかりと子どもに伝えましょう。もちろん、そのときに自分の気持ちだけでなく、実際に根拠となる理由を説明してあげると納得しやすいです。

例えば、日本はまだまだ学歴社会であり、将来仕事をするときにいい大学に入っている方が就職もしやすいし、周りの友達も努力をしてきた人が相対的に多くいるなど、なぜいい学校に行く必要があるのかを、説明してみるといいですね。その根拠が子どもの夢とつながると、さらに納得しやすくなると思います。

(3)最後は子どもの意思を尊重する

中学受験は“親の受験”ともいわれるように、親の努力次第で変わってくることもありますが、高校受験(高校選び)にもなると子どもも成長しており、子ども自身で選択して決めてもいいんじゃないか、という意見も多いです。

ある調査によると、「子どもの進路は子どものやりたいようにやらせる」というような意見が多いという結果になっていました。また、とある本によると、親が決めたことで失敗すると、「あのとき親が高校を選んだから自分はうまくいかなくなった」と親を恨んでしまうケースもあるようです。

子どもが自分で選択して、子どもが納得する形で高校を選べば、何があっても自分の責任として受け止めることができます。もちろん子どもだけだと情報量が少ないので、将来のことや高校の情報など親が情報提供してあげると、子どももしっかりと考えて高校を選択できますよね。


いかがでしたでしょうか?

身近なパパママたちからの意見も踏まえた上で回答しましたが、私自身中学生の娘がいて、なかなか難しい問題だと思いました。

結局、何が正解なのかはわかりませんが、日本だとやはりまだまだ学歴社会であり、レベルの高い高校に入るとレベルの高い大学に行って、いい会社に入ったり、独立して成功する人も多くいるように思います。一度、お子さんとしっかり将来を見据えて話す時間を作ってみてはいかがでしょうか。

●ライター/三尾幸司(育児書コンシェルジュ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする