デトックス効果UP! 生理前のツラい“PMS期”を和らげる方法3つ

【女性からのご相談】
生理前になると気持ちが晴れなかったり、イライラしたり、体調が悪くなったりして仕事もプライベートもうまくいきません。仕事では失敗するし、プライベートでは彼氏や家族にあたってしまうし……。何年経ってもなかなか抜け出せない毎月の不調、どうにか和らげる方法はありませんか?

a 女性ホルモンをヒントに不調を解消する方法とは……。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

生理2週間くらい前の時期で、体の不調が1番出やすくなると言われている『PMS期』には、筆者も眠気や便秘、むくみに悩まされます。女性ホルモンの分泌量が変化し、月経の準備が行われる時期ですからしょうがないと言えばそれまでですが、仕事や生活は月経周期を気遣ってくれませんし、工夫して乗り越えていかなければならない毎月の関門ですよね。

PMS期は体内の循環が滞りがちで、血行が悪くなって心も体も不調を起こしやすくなってしまいますから、デトックスや循環を促す工夫を取り入れることで不調を緩和しやすくなりますよ。

th_150325nao

PMS期を乗り越える方法3つ

女性ホルモンバランスの変化で血行が悪くなると、血液が汚れて栄養が運ばれにくく、老廃物が排出されにくくなってしまいます。その結果、便秘やむくみ、心のもやもやが起こりやすく、不調を感じる原因に。

そこで、意識して取り入れたいのが体内のデトックス。老廃物を流すことで疲れや怠さ、体の重さがスッキリと解消されますよ。体内のはたらきをデトックスに集中させるためにできる工夫は実はこんなにたくさんあるんです。

(1)刺激物を避ける

体内のはたらきが滞っているときに体を興奮させるとさらに疲れさせてしまいます。カフェインやアルコールなどの刺激物を控えめにするだけでも、体への負担を減らして老廃物の排出に集中させることが可能です。

また、血液をドロドロにしてしまう甘いものや動物性脂肪の多いコッテリとしたものを食べ過ぎるのも控えましょう。

(2)ハーブの香りで癒される

カフェインやアルコールの代わりにおすすめしたいのがハーブティー。爽やかな香りでリラックス効果が得られる上に、デトックス効果も。血液をキレイにしてくれるウコンやフェンネル、バラ系のハーブもおすすめです。

アロマオイルを利用して香りを楽しんだり、手足をマッサージして血行を促したりするのも効果的ですよ。

(3)怠さを取る呼吸法&ストレッチ

体が重たいときはガチガチに固まってしまいがち。リラックスして深呼吸し、大きくストレッチをすることで血行もよくなり、爽やかな気分になります。腰に手をあてて肩幅に足を開いてまっすぐな姿勢で立ち、大きく深呼吸。ゆっくりと、お腹に力を入れて腹式呼吸をすると前進に酸素を行き渡らせやすくなります。

また、両手を頭の上にあげ、よく伸ばすだけでもかなりスッキリ。手を組んで頭の上まで持ち上げ、左右に傾けましょう。ガチガチに固まって縮こまっていた姿勢が前向きになり、呼吸も弾むようになります。

自分の体は自分で癒す

体調不良で辛い上に、仕事やプライベートで失敗をしてさらに自己嫌悪に陥ってしまえば、何事もうまくいかなくなってしまいます。毎月のことですから、上手に自分を癒す工夫を見つけたいものですよね。

まずは楽しんで行える心地よい方法に出会うことが大切。体調不良の中でもちょっぴり爽やかな気持ちになって笑顔が増えれば、周りの状況も改善されていきます。辛いことに目を向け続けるのではなく、楽しい、心地よいことに目を向けて積極的に取り入れ、少しでも気持ちがラクになる方へと自分を導いてくださいね。

【参考文献】
・『お肌もからだも心も整えてくれる女性ホルモンパワー』増田美加・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする