放置すると菌がヤバい! 「入れ歯」の正しいお手入れ方法

【女性からのご相談】
母の入れ歯が最近ちょっとにおう気がして、お手入れもそこそこに机に出しっぱなしにしてあったりしてそれも気になるので入れ歯の扱い方を教えてください。

a 自分の歯よりも念入りにお手入れを! 入れ歯のケアを学ぼう!

こんにちは! 歯科衛生士の鈴木ハナコです。ご相談ありがとうございます。

入れ歯の管理は自分の歯のお手入れよりほんのちょっと手間がかかりますが、お口の健康のためにもぜひ正しい方法で行ってもらいたいです。今回は入れ歯のお手入れの仕方を学んでいきましょう。

150323suzukihanako

まずは入れ歯の磨き方

できるかぎり毎食後、流水でブラシを使って隅々まで洗浄します。入れ歯によっては壊れやすいものもあるので、力を入れすぎず、ヌルつきがとれるくらいを目安に磨いてください。

使用するブラシは通常の歯ブラシでもいいですが、入れ歯はとても複雑にできているので細かいところまで洗い上げるために入れ歯専用ブラシの使用をおすすめします。入れ歯専用ブラシは歯科医院でそれぞれの入れ歯にあったものを購入でき、同時に使い方も教えてもらえるのでかかりつけの歯科医院でご相談ください。

そして、最も注意すべきなのは歯磨き粉を絶対に使わないでほしいという点。細かな傷がつき入れ歯の不具合につながります。

次に入れ歯の洗浄

次に洗浄剤を使って“つけ置き洗浄”をします。主に消臭や除菌に関して威力を発揮します。よく発泡式の洗浄剤につけるだけで入れ歯のケアが完了すると思っている方に出会いますが、つけ置き洗いだけでは不十分。ぜひ流水下でのブラシ洗いも併せて行ってくださいね。

そして保管方法

入れ歯を一日中装着したままにするのは厳禁です! 入れ歯や残存歯(残っている歯)に大きな負担がかかりますし、粘膜を痛めてしまうことも!

一日の最後にはきちんとお手入れをして就寝中は専用ケースなどに入れ水中にて保管をしてください。入れ歯にとって乾燥は大敵! これは入れ歯が口腔内、つまり常に濡れた状況下で使用されることを前提に作られているためです。

例えばテーブルの上に置きっぱなしにして、入れ歯が乾燥した状態になる……ということは絶対に避けてくださいね。

最後に、お手入れ不足の入れ歯の脅威

きれいに洗った入れ歯のバイ菌の数はだいたいきれいに洗ったコップと同じくらいと言われています。一方ヌルつきのあるとても汚れた入れ歯は洗面台の排水口よりも菌数が多く、ちょっと汚れた入れ歯でも、洗濯槽の中と同じくらいという衝撃的な事実が……。

お口の中の爽快さや健康を保つためにも、ぜひ日々のお手入れをがんばりましょう!

【参考文献】
・『歯科衛生士 2013 vol.37 お母さんに伝えたい! 子どもにあわせた市販の歯ブラシ&歯磨剤選びガイド』クインテッセンス出版

【関連コラム】
いつまでも自分の歯でおいしく食べる「8020運動」のすすめ
虫歯ができやすい場所4つ
超絶くさい! くしゃみをした時に出る“臭い玉”の正体

●ライター/鈴木ハナコ(歯科衛生士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする