嘘で注目を集めたがる! 「演技性パーソナリティ障害」の人への対処法

【女性からのご相談】
友人に大きなことばかり言って注目を集めようとする友人が居ます。正直言ってウザいです。精神疾患があるとしか思えないのですがどうなんでしょうか。

a 演技性パーソナリティ障害の可能性があります。早期の治療が必要ですが、なかなか治らないのが現状です。

こんにちは。ライターの佐藤です。

会社や学校に、たいてい1人は、大きなことばかり言ってまともに仕事をしない、そのとおりにならない、いわゆる虚言癖を持っている人が居ますね。

人間には性格というものがありますが、「目立ちたい、人の注目を集めたい」と考える人と、「地味な暮らしをしたい」と考える人に分類することができます。

演技性パーソナリティ障害になる人のベースには前者のような考えがあり、注目されることに快感を覚えるのです。したがって、他人から見れば、「嘘だろ?」と思うようなことでも平気で口走ることができます。

150323satosyunji

精神疾患が潜んでいる

このような人は、心のなかに劣等感や傷つきやすさを持っている人が多く、それを隠すために大きなことを言ってしまうという要素もあります。

ただし、これは学者が唱える学説であり、正しいか否かと言うと必ずしもそうは言い切れないと思われます。人が100人いれば100通りの精神構造を持っているわけですから、“傾向”は出たとしても、それがすべて当てはまるとは限らないのです。

対応法は?

気になる対応方法ですが、友人と思っているのならば、やはり思い切って、「虚言癖ではないか」と指摘するのが良いのではないでしょうか。

誰かに指摘してもらうことで悔い改めることも十分考えられますので、1つの手としてはありかと思います。しかし、逆上する危険もありますので注意が必要です。

もう1つは、しばらく距離をおいてみることです。演技性パーソナリティ障害は加齢と共に治まる傾向がありますので、変わってくれることを待ちましょう。

【関連コラム】
パニック障害の治療で精神科にかかるときの心得
無気力症候群カモ? 何もやる気が出ない人へ辛口アドバイス
カナダの研究で判明! 子供を嘘つきにする親のNG行動とは

●ライター/佐藤俊治(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする