母乳に負けない栄養アリ! 赤ちゃんをミルクで育てるメリット4つ

【ママからのご相談】
2か月の赤ちゃんのママです。私は母乳育児に対する憧れがあったのですがなかなかうまくいかずに、ミルクのみで育てています。母乳は栄養価が高いと聞くので赤ちゃんに母乳を飲ませることができなくて罪悪感に苛まれています。こんな私にミルク育児の良いところを教えてください。

a ママにとってもミルク育児はとても楽です!

ご相談ありがとうございます。ママライターのみいゆです。

現在お子さんが2か月とのことで、慣れない育児お疲れ様です。多くのママはやはり赤ちゃんには母乳で育てることが一番だと考えます。しかし、さまざまな理由からそれが不可能なことも多くありますよね。でも大丈夫。小児科医の巷野悟郎先生はミルクの利点として、“ママの精神的な負担を軽減”“パパの育児参加が可能”などを挙げています。

ではそんなミルクの良いところとはどんなところでしょうか?

150306miiyu

ミルク育児のメリット4つ

ミルク育児のメリットは母乳育児より多い? ミルク育児のメリットを見てみましょう。

(1)長時間でも預けられる

母乳だとどうしてもママが赤ちゃんに付きっきりだったり、早い時間に帰宅をしないといけません。しかし、ミルクを飲む赤ちゃんであれば夫や両親または託児所に預けることも可能です。ママの育児のストレス発散には一人の時間もたまには必要ですね。そういうときにミルクを飲める赤ちゃんだととても助かります。

(2)ママは好きなものを食べられる

妊娠中の約10か月間お腹の赤ちゃんのために、食生活を制限したママも多いでしょう。母乳育児になるとそれは生まれてからも続きます。しかしミルクで育てると全く関係なくなります。自身の健康面だけ気にしていれば、妊娠中に我慢していた食べ物を何でも食べられるのです。これはうれしいですね。

(3)飲んだ量が分かる

ミルクはどのくらい飲んだのか目盛を見れば分かります。母乳ではどのくらい飲んだのか分からず不安になったりしますが、ミルクだとはっきり分かるので育てやすいですね。

(4)どこでも授乳できる

母乳をやっているとすぐにやれることはメリットとありますが、外出するとそんな簡単にはいかないものです。人が多い場所だったり、長く外せない席だったりすると本当に困ります。一方ミルクだと、お湯さえ入れれば短時間で完成しますし、人の目を気にせずにあげることが可能です。


最近のミルクは栄養も高く、母乳に負けず劣らずなものが多くあります。なかにはミルクを足した方が良いという専門家もいるほどです。こんなにも多くのミルク育児のメリットがあるので、「やっぱり母乳の方が……」と悲観せずに堂々とミルクで育児を楽しむようにしましょう。

●ライター/みいゆ(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする