奇跡の野菜! 「ヤーコン」の効能3つ&オススメ調理法

【ママからのご相談】
美容が大好きで食べ物から化粧品までいろいろ試しています。先日同じく美容好きの友達からヤーコンという野菜が美容にいいと勧められたのですか、どんな野菜か教えてください。

a 一見サツマイモ!? 女性には大変うれしい野菜です!

ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーで健康・美容ライターの小澤美奈子です。

“ヤーコン”……一見細いサツマイモを想像させる不思議な形ですが、実は“奇跡の野菜”と言われるほど低カロリーにして、フラクトオリゴ糖、食物繊維、ミネラルを豊富に含んでいる野菜なのです。

今回はこの“ヤーコン”について女性お二人で営んでいる農家のベジプール西山さん、大屋さんにお話を伺いました。

150303ozawa01

奇跡の野菜……その驚くべきパワー3つ

奇跡の野菜“ヤーコン”は驚くほど栄養にあふれているのです!

(a)フラクトオリゴ糖

『ヤーコンに含まれているフラクトオリゴ糖は、善玉菌であるビフィズス菌には作用しますが、悪玉菌であるウェルシュ菌には作用しない選択性機能を持つといわれています。まさに“天然フラクトオリゴ糖の塊のような野菜”なんですよ。

フラクトオリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌のみを特別に選んで増加させる能力があります。そのため、整腸作用を助け、便秘やダイエットに効果的なだけでなく、脂質を改善する働きをし、動脈硬化、高脂血症の改善に役立つと言われています。またお砂糖に似た甘みがあるものの、虫歯菌の栄養源にはならないため虫歯になりにくいという側面も持っています』

(b)ポリフェノール

『また、ポリフェノールは緑茶の4倍も含み、赤ワイン並みと言われています。ただ、赤ワインに含まれるアルコールは酸化を促進させる為、ポリフェノールとはまったく逆の作用もあります。それなので健康維持のためのポリフェノール摂取は、このヤーコンでモリモリとサラダなどから摂取すると、より健康的ですよ』

(c)食物繊維

『食物繊維も豊富なので、お通じや美肌効果にとても期待が持てますし、サツマイモやジャガイモなどのイモ類に比べてもほとんどデンプンを含んでいないので、美容対策やダイエットなどにもとてもいいですよ』

サラサラと飲みやすい“ヤーコンと人参のジュース”

ジューサーで作る“ヤーコン・人参ジュース”はオススメ!

【1人分の作り方(できあがり300cc)】
・ヤーコン200g(小1本)
・人参400g(大1本または小~中2本程度)
・レモン2分の1個(小さめのみかん1個でも可能)

(1)人参は皮を剥かずにカットする
(2)ヤーコンは皮を剥いてカットし、水に少しさらす
(3)ジューサーに(1)(2)および皮を剥いたレモン(またはミカンやカボス、ユズでも良い)を次々にかけていく

人参ジュースの効能も素晴らしいものがあり、病気予防、健康のために飲まれる方も多いですが、そこに、奇跡の野菜であるヤーコンや柑橘(かんきつ)類が加われば、おいしいジュースに仕上がります。分量や加える柑橘類はある程度お好みで構いませんが、ジュースにするとサラサラと飲みやすく、栄養面でも素晴らしいものがありますので、こちらはとてもオススメですよ。

人参に含まれるアスコルビナーゼという酵素は、ビタミンCを破壊する力をもっていて、すり潰したり、組織が破壊されることにより、更に活性化します。その破壊力は、自身のビタミンCを破壊するだけでなく、一緒に調理などしている他の素材のビタミンCをも破壊してしまいます。

それを少しでも抑えるために柑橘(かんきつ)類や酢を入れます。それゆえ、自作の人参ジュースなどは、作り置きはせずに、なるべくフレッシュな状態で飲みきることがベストです。

早めに食べきりましょう!

『ヤーコンは貯蔵することで甘みが増し食べやすくなるのですが、フラクトオリゴ糖は減少していきます。これは芋の中にあるフラクトオリゴ糖が、収穫後徐々にショ糖や果糖、ブドウ糖に分解されることによるもので、健康のためにというのであれば収穫後早い時期に食べる方がオススメです。

ただ、甘味を優先させるなら、ある程度の期間をあえておいてもいいかもしれませんね。しかし、ヤーコンのもつ栄養、効能などを優先させたいのであれば、保存できるからと長くおくのではなく、早めに食べきることをオススメします。

だからと言って、せっかくのお野菜、せかせかと一刻を争うように食べなくても大丈夫です。日々、サラダ、ジュース、きんぴらなどでお楽しみ頂ければ、と思いますよ』


西山さん、大屋さん、ありがとうございました。筆者も食べてみましたが、クセは全くなく、シャキシャキとほんのり甘いまるで果物のような食感でした。

“奇跡の野菜ヤーコン”、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

150303ozawa02

【取材協力/西山さん・大屋さん】
もともとОLをしていた二人が、改めて野菜のもつパワーに魅せられて一念発起して始めた農業。ある程度覚悟をしていたものの、農業の過酷さ、野菜を育てることの厳しさに驚きながらも、“命をいただく”ということの尊さも痛感。もっと皆に野菜について知って欲しい、親しんでほしいと、その時期の旬野菜や定番野菜、珍しい野菜も一年を通じて多く栽培しています。
VEGIPOOL

【関連コラム】
朝食にピッタリ! バナナを食べるメリット3つ
ダイエットに最適な『キヌア』の栄養成分と調理法

●ライター/小澤美奈子(ファイナンシャルプランナー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする