情報収集がカギ! プレママが100%納得できる産院選びのポイント

【ママからのご相談】
妊娠の検査は、いつもかかっている医師の紹介で、近く産婦人科で受けました。でも、今後長くお世話になり、実際に産む場所は慎重に選びたいと思っています。数ある病院の中から自分に合った病院を見つけ出すには、どうすればいいでしょうか?

a 自分の希望をまとめながら情報を集めることが第一歩です。

こんにちは。海外在住プロママライターのさとうあきこです。

どんな妊婦生活や出産をしたいのかが心に決まっているなら、それに沿った情報集めを、まだ決めかねているなら、幅広い情報を集めながら、自分に合うものを見つけていきましょう。

情報集めとしておすすめなのは、インターネット、専門雑誌、タウンページ、知人友人の口コミなどです。これらの情報網を使って、自分に合う施設を探していきます。

0304satoakiko

産院の種類と違い3つ

大きくわけて3種類、“総合病院の産婦人科”・“産婦人科産科専門病院や医院”“助産院”があり、それぞれに長所と短所があります。

(1)総合病院の産婦人科

小児科などの別の科が併設されているため、何か問題が起きたときの対処が速やかで安心です。ただし、多くは大病院であるため、医師や看護師は交代勤務や交代診察制となることが多く、十分な意思疎通が図りにくい面もあります。

(2)産婦人科・産科専門病院や医院

担当医師制が多く、慣れた顔なじみの医師や看護師に囲まれている安心感を味わえます。その一方で、専門以外の医師がいないことから、産科以外の処置や治療が必要な場合は転院が必要となります。

(3)助産院

助産師が開業している小規模な施設です。アットホームな雰囲気が長所であり、定期健診と出産ギリギリになっての入院しかできない病院とは違い、より親密なケアを受けられるというメリットがあります。しかし、医師が常駐していないことから、医療行為は行えません。リスクがないと思われる出産であること、近くの総合病院と提携していることなどを確認する必要があります。

たくさんある施設から1つを選ぶ方法

情報を集めていると、自然とこんなお産がしたいというイメージができあがってくるはず。そこで、イメージに沿った条件を書きだしてみましょう。

例えば、

・産む場所
・分娩方法
・入院施設内容
・個室か母子同室か
・食事内容
・マタニティクラスの有無

なども気になるところです。

次に、これらの条件に優先順位をつけます。全てを満たすことは難しくても、ある程度の条件を満たしている施設をピックアップしたら、電話をかけてそれらの条件の実情を質問してみましょう。この電話である程度絞り込むことができるはずです。

続いて、絞り込まれた施設の中でもより条件を満たしているところから診察予約を取ります。施設全体の雰囲気と設備、医師などスタッフとの相性を、自分の感覚でしっかりと確認するためです。

100%を目指し、納得のいく出産を

産婦人科・産院選びは、出産という人生の一大イベントを安心して迎えるために避けては通れません。

産婦人科や産科を探す作業は時間がかかり、簡単とはいえません。さらに、希望する条件を100%叶えてくれる施設もなかなか見つかりません。それでも、自分と生まれてくるわが子のために100%の努力をすれば、満足度100%の出産へとつながる可能性は高くなるでしょう。

【関連コラム】
初出産の“病院選び”の重要ポイント5つ
・母乳指導に力を入れる産院のメリット
出産の病院選び、5つの選択肢のメリット・デメリット

●ライター/さとうあきこ(海外在住プロママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする