パチンコで借金まみれ!? 夫の“ギャンブル依存症”を克服させる方法

【ママからのご相談】
結婚してからわかったことなのですが、夫がギャンブルをしています。パチンコをするために借金(200万円)までしていて、今は生活費にも手を出しています。子どももいますし、生活もきついのでやめさせたいのです。どうしたらやめてくれるのでしょうか。

a “具体的”な話し合いと依存症の認識がきっかけになります。

ご相談ありがとうございます。メンタルケア心理士の桜井涼です。

昔から、女性問題とギャンブルとお酒は依存しやすく、ハマってしまうと厄介な問題とされてきました。現在は、心療内科やメンタルヘルス科で、依存症の治療が受けられるようになっています。しかしながら、自分が“ギャンブル依存症”であることを否定する人が多いのが現状です。

相談者様には、お子さんもいらっしゃるとのことで大変苦労をなさっているとのこと。依存をしてしまっている相手に有効な“底つき体験”になるような、具体的な話し合いを持つことをおすすめします。そして、依存していることを認識させなくてはいけません。

150225sakurairyo

ギャンブル依存症とは?

精神科医のゆうきゆう先生の著書には、ギャンブル依存症について次のように書かれています。

・全強化……ある行動によって必ず報酬が出るようにすること
・部分強化……行動によってランダムな報酬にすること

この“部分強化”が人がギャンブルにハマる理由です。ランダムな報酬だからこそ人はつい続けてしまうのです。

それだけでなく、勝ち負けが興奮につながり、脳へ快感として伝わるため、より依存してしまうということが言えます。また、毎日同じような生活パターンを繰り返している人が依存になりやすいと言われています。

ギャンブル依存症に該当する人そうでない人

どこからが病気なのか、そうでないのかの判断をつけるためには、“自分や周囲が困っているかどうか”で決まります。楽しみのためや、パチンコをしながら1人の時間を過ごしたりしている人たちは依存症とは言いません。自分のお小遣いの範囲で行っていたりして、誰も困っていないからです。

相談者様の場合は、家族が困っていますね。借金や生活費を使ってしまうといった行動をしてしまっているのですから、依存症の部類に入ってしまっていると言っていいと思います。

解決させるためにどうするか

ギャンブルに依存してしまっていると、自分は一時でも快楽を得られていいかもしれませんが、家族は大変な苦労をしてしまうことになります。だからといって、相談者様だけが犠牲になることはありません。

ここで大事なのは、“具体的な話し合い”です。借金うんぬんの話や、やめるように説得したところで、まったく話を聞いていなかったり、その場から逃げ出してしまうようなことになるでしょう。だから、“具体的な話し合い”が必要なのです。ある意味、大きな刺激剤となります。

さきに紹介した書籍の中で、ギャンブル依存の人を治療する場合、“底つき体験”が一番効果的だと言われています。「ギャンブルのせいで全てを失ってしまう」という、どん底を体験させるのです。

相談者様の旦那様は、今、甘えている状態だと私は考えています。毎日の洗濯や掃除、家事に育児を相談者様が行っているのですから。旦那様は、「仕事だけしていれば後のことは全部やってくれる」と思われている状態ではないでしょうか。そこで、家計の状況、借金の状態、生活苦など、「このままでは家庭が崩壊してしまう」といった現状を話をすることが要点になってきます。

それでも聞き入れないで改善されない場合は、別居や実家に戻るといった強硬手段に打って出てもいいかもしれません。ギャンブルの場合は、第三者を立ち会ってもらってしっかりと話し合うことも有効です。ファイナンシャルプランナーなど金銭面のプロにお願いしてみるのも1つの手です。


今まで相談者様も生活が大変だということや、子どものことを言ったりしてきたことでしょう。それでもやめていないのですから、爆弾投下くらいの大きくて具体的な内容が必要かと思います。

生活を成り立たせるには、母の強さが必要です。お子さんを守るためにも本気度を見せるくらいの覚悟が必要になります。相談者様家族のこれからがかかっている大事なお話を相談してくださってありがとうございました。がんばってみてください。

【参考文献】
・『マンガでわかる心療内科5』ゆうきゆう・著

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする