引っ越すのは早い? 部屋にあふれかえる“いらないモノ”の見極め方

【女性からのご相談】
買い物に行くといろんなものが欲しくなってしまいついつい購入してしまうのですが、最近部屋がモノに侵されてる感じがしてます。もう少し広い部屋に住みたいのですが、金銭的には今の部屋がちょうどいいと考えていて悩んでいます。

a モノが多いから引っ越しを考えるのではなく、今あるモノがあなたに必要かを考えて!

ご相談ありがとうございます。片付けパーソナリティあさがみちこです。

フィンランド発の『365日のシンプルライフ』という映画をご存じですか。

フィンランドの若者が、失恋をきっかけに自分の持ちモノをすべてリセットして行った365日の実験生活。監督、脚本、主演を務めたペトリの実体験から生まれた映画です。

ルールは4つ。

・自分の持ちモノを全て倉庫に預ける
・1日に1個だけ倉庫から持ってくる
・1年間、預ける
・1年間何も買わない

実験前は5,000~20,000点のモノであふれていたというのに、実験を終えて本当に必要なモノは365個もなかったといいます。

一人暮らしで必要なモノの量は1,000~1,500点といわれているし、女性なので、ペトリのように1,000個に満たない総量で暮らすのは難しいのですが、モノで侵されてる感じがするのは、ご相談者さんはおそらくかなりモノが多いと思われます。

150224asaga

そのモノは必要?

広い部屋に引っ越すことを考えるよりも先に、そのモノを1つずつ整理してみましょう。

何度もお伝えしていますが、整理とは、“ご自身にとって必要か不必要かを見極めること”。

ついつい購入してしまうということは、おそらく、「安かったから」「なんとなく欲しかったから」など、たったそれだけの理由で購入して、利用していないモノもありますよね。

モノ自体が劣化していたり、もう使えないモノも紛れているのではないでしょうか。そういうモノはオークションやリサイクル、友だちに譲ったり処分するなど、不必要なモノをとにかく家から出してしまいましょう。

きっと、「引っ越ししなくてよかった!」と思えるくらい、かなりスッキリするはずです。

残り1つというコトバに惹かれているだけ?

さて、買い物をついついしてしまうとのこと。

セール品を買って後悔したりしていませんか? 買い物している最中、残り1つと聞いたらなんだかとても特別なモノを見つけてしまったような気がして、本来は買うはずではなかったのに思わず手が伸びていませんか。

そんなときはちょっぴり冷静になってください。そのモノが定価でも欲しいと思った? 100個あっても自分は欲しい?

100円でも100万円でも家に入ってくるモノの数は同じ

1,000円の買い物は躊躇するけど、100円ショップで10個買い物をするのは抵抗ない。そんな方がいらっしゃいます。

その10個が本当に必要なモノだったらいいけど、「安いから」という理由だけで、「これでいいか」と購入するのはやめましょう。「これでいいか」と購入したモノは、使われずに終わってしまうことが間々あります。

「これがいい」というものを購入することを心がけると、必然的に買い物の量が減ってきますよ。


私たちはモノにもお金を払っていますが、居住スペースにも家賃や固定資産税を支払っています。そこをお忘れなく!

【参考リンク】
整理収納術 | 花王

【関連コラム】
ポイント集めはエコ活動? “牛乳パック”のリサイクルと処分方法
掃除が苦手な人=片付けができていないと判明
片付けができなくなる「もったいない」の間違った捉え方とは
お部屋をスッキリ片付ける楽ちん収納術2つ
家の“モノを減らす”手順3つ

●ライター/あさがみちこ(片付けパーソナリティ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする