歯周病で早産に!? 妊婦が歯科検診へ行くべき理由とは

【ママからのご相談】
妊娠中の歯科検診のお知らせが届いたものの、まだ行っていません。産後に行くのでは遅いのでしょうか?

a 妊娠中期には産前歯科検診を受診しましょう。

ご相談ありがとうございます。ママライターの横山かおりです。

妊娠中の歯科検診、これは母体にも胎児にも影響が少なくてすむ妊娠中期にしっかり受けておきましょう。

今回はわたし自身が通っている歯科医の先生に聞いてみました。

150220momo

歯周病は早産の原因にもなる

日本歯科医師会発表のデータによりますと、妊娠中の重度の歯周病は早産や低体重児出産を引き起こす原因にもなるといわれています。その歯周病や、他にも歯肉炎、虫歯、歯石の悪化などがないかをしっかりと産前の歯科検診で診てもらうのが良いでしょう。妊娠中はつわりなどの影響で、虫歯や歯茎からの出血などが起こりやすくなります。

区や市からの無料の妊婦検診用紙があるかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

麻酔もレントゲンもOKです

もしも検診で治療の必要があると言われた場合、気になるのは麻酔やレントゲンが赤ちゃんに影響ないのかということ。

歯科医師に聞いてみたところ、麻酔は局部麻酔なので問題なし。しかも歯科で使用される麻酔は無痛分娩の際にも使用されるような麻酔だそうです。

レントゲンも歯の部分しか映さないので、赤ちゃんが被爆するようなことはないとのこと。

早く治さないと産後、赤ちゃんへ虫歯は感染する

「面倒くさいから出産してから行けばいいや」なんて思っていると、産後赤ちゃんに虫歯が感染してしまうかもしれません。

気をつけてはいても、食器やお箸から唾液を通して虫歯菌が感染する危険が。大切なわが子に虫歯菌をうつさないためにも、妊娠中にしっかり治療しておきましょう。

お腹も大きくなって治療がしにくくなる前に、つわりなどの体調が落ち着いて安定期にはいったら早めに検診に行くようにしましょう。

口の中がきれいサッパリしてから、出産に挑みたいですね!

【参考リンク】
母子健康手帳活用ガイド | 日本歯科医師会(PDF)

●ライター/横山かおり(ママライター、元モデル)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする