こんな言動は要チェック! “モラハラ夫”の精神的DVの特徴と対処法

【ママからのご相談】
1歳8か月の子どもがいます。結婚7年目でようやく子どもを授かり、夫婦ともども喜んでいました。

出産間もないころは、夫は家事を手伝ってくれたりしたのですが、子どもが1歳になったころから私に、「子どもを理由に家事をやらない」「働く意欲がないのか。人間として間違っている」などと、子どもの前でよく暴言を吐きます。

もともと夫は短気なところがありますが、これまで人格を否定するようなことは一切言われたことはありませんでした。

最近、芸能人の方が夫の“モラハラ”を理由に離婚を迫っていると聞きますが、もしかするとうちの夫の行為も“モラハラ”なのではないでしょうか?

a 暴言の頻度が多ければ要注意!

ご相談ありがとうございます。ママライターのKOUです。

ご相談は、モラル・ハラスメント(以下、モラハラ)についてですね。

モラハラとは、長時間にわたり言葉や態度などで相手を傷つけ支配する精神的な暴力のことを指します。

離婚訴訟を多く手掛ける弁護士によると、モラハラによる相談件数が増えていると言います。

ご相談者さんの旦那さんの行為がモラハラになるのかどうかですが、暴言の頻度が多かったり、威圧的で人格を否定した内容であったりするのであればモラハラかもしれません。

ただ、旦那さん自身に悩みがあり、一時的にイライラをぶつけている可能性もあります。

そこで、夫のモラハラが原因で離婚した女性やモラハラ夫を持つママさんたちに取材し、モラハラ夫の特徴をご紹介します。

モラハラ夫の特徴11選

150213kou

(1)外では大らか、家では細かい

『うちの旦那は、会社では大らかで穏やかな人だと思われているようで、部下から慕われていると聞いています。家では、その真逆で態度がでかいです。例えば、夕食のおかずについて、「昨日の残りものばっかりだな。手を抜いているな」「風呂に毛が浮いていた。気分が悪い」「シャツにアイロンかけてる? 腕の辺りが、シワだらけだよ」などと、細かく指摘をしてきます。

こちらが反論をすると、「言い訳をするな」と言い返されます。外からみると、亭主関白のように見えますが、ただただ偉そうな態度にイライラが募る毎日です』(小学2年生・5歳の女の子ママ)

(2)無視する

『元夫の態度にうんざりして、離婚をしました。結婚して間もないころは、私が悩んでいるときには話を聞いてくれたりする人でした。すぐに一変して、帰宅時間も遅くなり、心配して電話やメールをしても絶対に返してきませんでした。帰宅しても、用事のあるとき以外はほとんど話してくれませんでした。

休日は、お互いに顔を合わせずに過ごしたときもありました。はっきり言って、相手は無視ですね。本人にいら立って問い詰めたところ、「仕事で疲れているから、お前の相手ができない!」と怒鳴られました。そこで、夫婦生活も終わりに感じました』(自営業の女性)

(3)言葉で脅す

『夫は気性の荒い性格です。その荒い面を“男気がある”と勘違いをして、結婚しました。子どもができてから、その荒さが目立つようになりました。子どもが夜鳴きをしたときには、「うるさい! そのガキの母親だろう。責任持って黙らせないとぶっ飛ばすぞ」といった暴言を吐きながら私を脅すようになりました。

最近では、子どもが少し大きくなってリビングを散らかしたりすると、「しつけの仕方を分かっているのか? まずは、お前をしつけないとダメなようだな」と怒鳴られ、子どももびっくりして泣いてしまいます。実際には私や子どもに手を上げたりはしないですが、言葉の暴力に参っています』(3歳男の子ママ)

(4)嫉妬深い

『彼(元夫)の嫉妬心が激しくて、離婚を決めました。付き合っているときは、そんなに嫉妬する人だと思いませんでした。結婚してすぐに、「男のメールのアドレスを全部削除しろ」と言われ、アドレスを削除。

さらに、LINEで、あるイケメンタレントの話題で友人と盛り上がっている内容を見たらしく、彼が携帯を地面に投げつけて壊してしまいました。浮気もしてなかったのに疑われて、彼の自分勝手な嫉妬心に耐えられませんでした』(会社員の女性)

(5)上から目線で理屈っぽい

『クールで子どもには優しい旦那です。有名私立大学卒の旦那は、年下で短大卒の私を馬鹿にしたような態度をとります。それに加えて、理屈っぽさが私の気持ちを追い詰めます。頭が良くて自信家なところがあり、私が感情的になると必ず「感情を相手にぶつけることは無駄なこと。

あなたもエネルギーを消耗するわけだし、ぶつけられた相手もいい思いはしない。だから、ナンセンス。分かる?」などと、淡々と批判してきます。私も言い返すことができなくて、やり場の無い感情をどうすればいいのか悩んでいます』(5歳男の子・2歳女の子ママ)

bow-tie-businessman-fashion-man-large

(6)全て責任転嫁する

『ウチの夫は絶対に自分の非を認めません。一度夫の浮気が発覚したことがあり、私は当然鬼のごとく怒りました。しかし、夫は一度も謝罪をすることなく、逆に「お前が悪い」「夫婦の関係を先にないがしろにしたのはお前の方」などと私を責めてきて驚きました。なぜこんな男を好きになったんだろう……』

なぜこんなモラハラ夫と離婚しないのだろう、と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

しかし、彼女たちがモラハラ夫と離婚をしないのは、「いつか元の夫に戻ってくれる」という淡い希望があるからです。

そんな彼女たちの希望は無惨に打ち砕かれることが多いようです。

なぜなら、モラハラ夫の特徴の一つに“間違いは全て責任転嫁する”というクソみたいな性質があるからであり、責任転嫁する人は過ちを認めないため成長しません

モラハラ夫というのは、ある意味子どものまま大人に育ってしまったかわいそうな人なのです。

(7)人に厳しく、自分に優しい

『他人には厳しいくせに自分には甘い夫に腹が立ちます。私が作った料理には「味が少し薄い!」「茶色いものばっかだな!」と叱るくせに、自分が作る料理は焦げだらけ。正直料理とは呼べない代物ですが、本人は「うまいだろ? おかわりは?」とうれしそうに聞いてきます』

子どものころに「人には優しく、自分には厳しく」という倫理観を教えてもらった人は多いと思いますが、モラハラ夫はなぜかその逆を自信満々に実行します。

彼らは他人の一挙手一投足には目を光らせ、機会を見つけては罵倒しまくりますが、自分に対しては目をつむり続けるか大仏のように半目くらいの気持ちで見つめています。

そんな彼らはおそらく普通の人よりも高貴な存在として生まれたのだと自覚していることと思いますが、そんなことはないですし、妻としては頭痛の種でしかありません。

責任転嫁するタイプと同様、内省するということをしないため、非常にやっかいです。

(8)打たれ弱い

『ある日夫の言葉の暴力に耐えきれなくなって、思いっきり言い返してやりました。そしたら、子どもみたいに泣き出してしまいました。正直夫の威張った態度しか見たことがなかったので、こちらが困惑しました』

モラハラ夫の大多数は、自分が優位な立場に立ってパートナーを責めるという特徴を持っています。

しかし、自分が責められる側になると一転、人一倍傷つきやすく打たれ弱いという面倒くさい習性を持っています。

そんな耐震度ゼロのメンタルを抱え持つ夫に同情して、なかなか言い返せないという女性は少なくないようです。

(9)相手の非を見つけると、とにかく責めまくる

『旦那は自分に非がなく、相手に過失が100%ある場合には鬼のように責め立ててきます。私が泣いても延々怒鳴りつけ、子どもが見ていてもおかまいなしです。そのせいで母子ともにビクビクして生活しています』

モラハラ夫は常に腹を空かせたハイエナに例えることができます。彼らの好物は“相手の過失”であり、常に嗅覚を働かせて少しのミスも見逃すことがありません。

もしも相手の過ちを発見したら、血眼よだれまみれといった形相で食いついてきます。

そんなモラハラ夫の叱責を受け続けているうちに、女性はいつしか「自分は悪い存在なんだ……」と自己肯定感を失っていきます。

モラハラ夫が相手をそこまで追い込むのには、自分に絶対服従させて離婚を切り出せないようにする、という目的があるのです。

(10)あるとき急に豹変する

『初めて会ったときは優しくてこんなステキな人は他にいない! って感じだったのに、結婚して子どもができたあたりから急に豹変しました。今では毎日のように怒鳴られ、心も体もボロボロです』

モラハラ夫は童話『赤ずきん』に出てくるオオカミのように、自分の正体を隠して取り入ってきます。

しかし、結婚や妊娠、出産など相手が簡単に自分と別れられない状況になると、本性を表します。

彼らは巧妙に本当の姿を隠していることが多いため、なかなか事前に気づくことは難しいようです。

(11)ウソつき

『ウチの夫は平気でウソをつきます。しかも、全て私をおとしめるようなウソで、わざと汚い服を着ていって「妻が家事をしてくれない」などと言ったり、「妻が精神病なんだ」と言いふらします。もちろん、そんな事実はないのですが、周りからは「夫がかわいそう」という目で見られて苦痛です』

モラハラ夫の狡猾な特徴の一つに、“妻をおとしめるウソを平気でつく”というものがあります。

これは妻の評判を下げることで周囲を味方をつけ、離婚させないようにすることが目的です。

また、単純に「旦那は立派なのにねぇ」と思われることで優越感を得たいという人もいるようです。

ここまで堂々とウソをつかれると、「むしろお前の存在自体がウソであってくれ」と願わずにはいられませんが、周囲は彼を信用し、妻に対しては冷たい視線を送るようになります。

モラハラされやすい人の特徴4つ

nature-sunset-person-woman-large

ここまで読み進めていただいた方の大半は「モラハラ男とは関わり合いになりたくない」と震えていることと思います(怯えor怒りで)。

しかし、そんなモラハラ男は独自のセンサーを備えており、「こいつはモラハラしやすいぞ」と思った女性に対して近づいたりモラハラを行ったりします。

そこで以下では、モラハラされやすい人の特徴について見ていきましょう。

(1)責任感が強い

責任感が強く、全ての問題を自分一人で片付けたいと考える女性はモラハラのターゲットになりやすいです。

モラハラ夫は相手のミスを見つけては徹底的に責め立ててきますが、責任感が強く完璧主義な女性は、「私はダメな人間なんだ」と自信を喪失しやすいです。

一度でもそうした態度を取ってしまうと、相手はどんどん劣等感につけこんできて、延々とダメ出しを繰り返します。

普通の人なら親や友達に相談するような状況でも、責任感が強い女性は「自分だけでなんとかしなきゃ」と我慢するため、洗脳されやすいのです。

(2)思いやりが強い

人に対する思いやりが強く、自分よりも他人を優先してしまうような女性も要注意です。

このタイプの女性はどんなに嫌なことをされても、なんとかして相手の良い部分を見つけようとします

その結果、モラハラ夫にいいように扱われて心身ともに辟易してしまいます。

親から教わった「他人を思いやる心を持ちなさい」「困っている人は絶対に助けなさい」という立派な道徳感が、裏目に出てしまうのです。

(3)向上心が強い

現在の自分に対してダメ出しをし、より良く生きようとする向上心の強い女性もモラハラの被害にあいやすいです。

モラハラ夫はとにかく人の劣等感が大好きなので、相手の足りてない部分を朝から晩まで指摘し続けます。

そのため、もともと自分に対してダメ出しをする向上心の強い女性は、どんどん自分のダメな部分が目について自信を喪失していきます。

しかし、それでもなんとか自分を向上させようと努力するのですが、モラハラ夫からのダメ出しが尽きることはないので、最終的にはうつ病などの精神病を患うまで追い込まれることもあります。

(4)我慢強い

何事に対しても我慢強い女性もまた、モラハラの標的にされやすいです。

モラハラをしてくる夫に対して疑問を感じても、「自分が我慢すればすむ」「いつか元の旦那に戻ってくれる」と我慢し続けてしまいます。

しかし、そんな思いがモラハラ夫に通じることはありません。むしろ我慢強く言い返してこないことを逆手に取り、どんどん責め立ててきます。


読んでいて気づいて方もいらっしゃると思いますが、モラハラをされやすい女性の特徴はすべて、社会的には良いとされていることです。

しかし、モラハラ夫はそんな女性の“良心”に寄生して食い物にします。

もはや悪魔としか言いようのない彼らですが、外面は善人の仮面を被っているが多いので、なかなか発覚しづらいのです。

モラハラ夫への対処法5つ

morahara

パートナーによるモラハラはあなたの心を確実に蝕んでいきます。最後には精神病を患ってしまうほどのダメージを受けることもあります。

そんなモラハラにただ耐えているだけでは、北極の雪原の中を裸で我慢しているようなものです。いずれは風邪を引いてしまいます。

正しい対処法を知って、うまくモラハラ問題を解決するようにしましょう。

(1)夫を立ててあげる

モラハラ夫はとにかく自分が優位に立っていないと気が済みません

そのため、妻が自分と同じ立場に立ったり優位に立たったりすると、憤慨して必死に足を引っ張ろうとします。

そこで、心の中ではボロクソに文句を言いながらも、夫の前では下手に出ていい気にさせておくことが賢いやり方です。

モラハラ夫は自分の弱さを隠すために威張っているので、上下関係をはっきりさせてあげると大人しくなります

しかし、時には我慢できずにストレスだけがたまることもあるでしょう。

そんなときは夫のくだらない冗談に爆笑するフリをして夫をバシバシ力強く叩くなどのストレス発散方法を取りましょう。真顔に戻る前にやめることがポイントです。

(2)夫の言葉は聞き流す

夫の厳しい叱責と真っ正面から向き合っていては、いずれ心も体もボロボロになってしまいます。

そこで、夫からの説教は真面目に聞かないことをオススメします。

モラハラ夫が口にする言葉はたいていあなたを傷つけたいがためのものですので、相手にするだけムダです。

あなたは夫が指摘するように完璧である必要はまったくないですし、むしろ感謝しろよ、ぐらいの気持ちで生活しましょう。

(3)綾波レイになってみる(無反応を貫く)

モラハラ夫は相手が泣いたり落ち込んだりしている様子を見るのが大好きです。

なぜなら、「こいつは俺より下なんだ」と優越感に浸ることができるからです。

そのため、モラハラ夫を調子に乗せないためにも、夫の命令的な発言に対して一切の反応をやめましょう

イメージとしては『エヴァンゲリオン』の綾波レイです。何を言われても冷静を貫き、返事が必要であれば淡々と言葉を返すのです。

モラハラ夫は何よりもあなたが自分の手から離れることを恐れています。突き放すような態度をとることで、改心する可能性があります。

28636807191_bfc53a1008_z

(4)第三者に相談する

モラハラは家庭内の問題であるだけに、なかなか周囲に相談できないという人は少なくありません。

しかし、モラハラは一人で抱えられる問題ではありません。

親でも友人でも、とにかくモラハラを受けているという現状を伝えましょう。

ただ話を聞いてもらえるだけでガス抜きができますし、もしかしたら周囲が解決のために動いてくれるかもしれません。

「家族の悪口を言うのは……」と罪悪感を抱く必要はありません。夫や子どものためにも、まずはあなたが元気でなければならないのです。

少しでもモラハラかな? と疑問に感じたら遠慮せずに周りに相談しましょう。

(5)離婚する

どうしても夫のモラハラが治らない、関係が改善しないというのであれば、離婚するのも一つの手です。

「離婚したら子どもに悪影響が……」と考えるかもしれませんが、モラハラが行われている環境で暮らす方がよっぽど悪影響です。

モラハラを理由にして離婚をする場合、その証拠が必要となります。自身の経験談だけでは裁判で信用されない可能性もあります。

そこで、離婚を決意したらすぐに夫に離婚話を突きつけるのではなく、まずは証拠を集めましょう。

証拠として一番有効なのは、モラハラの現場を撮ったビデオやボイスレコーダーです。

日常的に行われているモラハラをしっかりと記録しておき、裁判になっても不利にならないように準備しておきましょう。

本当なら離婚しないのが一番です。しかし、あなたは妻である前に一人の女性です。女性には自由に生きる権利があります

あなたを不幸にするような男性は運命の相手ではありませんし、早々に縁を切った方が身のためです。

まとめ

「モラハラ夫の特徴」や「モラハラ夫への対処法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

モラハラは家庭内の問題であるため、非常に表面化しづらい性質を持っています。そのため、被害者は一人で抱え込んで悩み苦しんでしまいます。

もしも夫がモラハラ人間だということが発覚したら、しかるべき対処を取って、自分の身を守るようにしましょうね。

●ライター/KOU(ママライター)
●追記/パピマミ編集部
●モデル/大上留依(莉瑚ちゃん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする