“ゆうれいポーズ”でパソコン業務の肩こりを撃退する方法

こんにちは、ボディケアコンサルタントの久保です。

お仕事をされている方で、肩こりに悩んでいる人は非常に多いですが、実はこの肩こり、知らず、知らずのうちに自分で原因を作ってしまっています。

日々のマイナスの積み重ねが肩こりです。まずこのことを抑えておくことが大切です。

140805kubo

肩こりの原因は、パソコン業務時の姿勢

多くの方が、肩こりの原因にパソコン業務時の姿勢を挙げています。あなたはどうでしょうか?

では、ここで実際に、あなたのパソコン業務時の姿勢をチェックしてみましょう。パソコンを触っているときの、あたなの“肘”はどこにありますか? 肘が机の上にあると、肩をすくめた形を取りやすくなります。腕というのは、本来ぶら下がっているものです。それをつり上げている状態なので、肩周辺の筋肉に余計な力が入ります。

ゆうれいは脱力名人

突然ですが、“ゆうれい”の真似をしてくださいと言われたら、あなたはどのようなポーズを取りますか? 恐らく、手首を山型に、手先をだらんと垂らしますよね。ゆうれいはゆらゆら揺れて、力みがないですよね。脱力の名人でもあります。

ポイントは手首より肘の位置を低くすることです。

手先の力を抜いて、手首を曲げてみて下さい。手首は山型になっていると思います。このように手首が山型になると、当然肘の位置は下がり、加えて肩の位置も下がりやすくなります。肘のベクトルラインが下に向きますので、背骨のベクトルラインは上に向きます。自然と背筋が伸ばしやすくなります。

お勧めはこのグッズ

このゆうれいポーズを自然と作ってくれるのが、PC用アームレストです。PC用アームレストは、肘かけタイプと腕置き枕タイプの2つがあります。ここでは、後者の方です。お間違えなく。

PC用アームレストがない場合は、くるくると巻いたタオルでも代用可能です。これを手首が山型になるように、セットします。これで日々のマイナスの積み重ねを軽減できます。どうでしょうか、アームレストがあるときと、ないときの違いは何か感じられますか?

オフィスでは、ゆうれいポーズで、肩こりを撃退してみて下さい。

●ライター/久保佳弘(ボディケアコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする