目眩はSOSサイン!? メニエール病の症状と治療法

【ママからのご相談】
最近めまいがすることがあるんですが、テレビでメニエール病という病気を見て、それではないかと心配しています。メニエール病の特徴を教えてください。

a 繰り返すめまいは『メニエール病』の特徴です。その他に耳鳴りや難聴もある場合は可能性が高いので注意が必要です。

こんにちは、スチューデントドクターのひでくらてすです。

めまいと言うと貧血や立ちくらみをイメージされる方が多いと思いますが、それら以外にもめまいをきたす病気はたくさんあります。『メニエール病』は1800年台にフランスの医師メニエールによって提唱された疾患で、その主な症状として繰り返すめまいや難聴がみられ、厚労省の特定疾患に指定されている難病の一つです。

150209hidekura

『メニエール病』の特徴4つ

メニエール病ではめまい、難聴、耳鳴りが主な症状ですが、それらには以下のような特徴がみられます。

(1)初期症状として“片方”の耳から聞こえにくくなる(特に低い音)
(2)“突然”目が回るようなめまいが起こる(30分〜数時間)
(3)めまいに耳鳴りを伴うことがある
(4)これらの症状を数日から数ヶ月の間隔で“繰り返す”

特に(4)の“繰り返す”というのはメニエール病を診断する上で重要なポイントです。

『メニエール病』の原因と治療法

人間の平衡感覚はどこが司っているかというと、実は耳です。耳の“内耳”というところはリンパ液で満たされており、そのリンパ液の動きを感知することで私達は平衡感覚を保っています。メニエール病はそのリンパ液のバランスが崩れることで発症します。

そのため治療としては水分のバランスを整えるお薬(利尿薬や血管拡張薬)などが使用されますが、それらが効かない場合は手術(内リンパ嚢開放術)を行うこともあります。

その他のめまいを起こす主な病気

メニエール病はめまいを伴う病気として有名ですが、それ以外のめまいを伴う疾患をいくつか挙げておきます。

・貧血
・起立性低血圧
・良性発作性頭位めまい症
・てんかん
・前庭神経炎

などです。

これらのうち、“貧血”や“起立性低血圧”、“良性発作性頭位めまい症”や“てんかん”などは比較的短時間(秒〜分単位)のめまい、“前庭神経炎”は長時間(日単位)のめまいを伴います。メニエール病は数十分から数時間単位のめまいを伴う点でそれらとは異なります。


ご相談をくださったお母さん、上記のような特徴がみられた場合は、メニエール病の可能性があります。メニエール病を放置すると難聴や平衡感覚の障害が治りにくくなる場合があるので、心配な場合は耳鼻科で診てもらうことをお勧めします。

【参考リンク】
メニエール病 | 難病情報センター

【関連コラム】
耳掃除は不要!? 意外と知らない「耳垢」の役割3つ
耳たぶや耳の裏に「しこり」ができる原因と対処法4つ
片頭痛を改善する食事療法

●ライター/ひでくらてす(スチューデントドクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする