プレママが出産直前まで仕事をするためのポイント5つ

【ママからのご相談】
現在、妊娠5か月。フリーランスのWebデザイナーとして働いています。出産直前まで仕事を続けたいのですが、どのようなことに気を付けると良いでしょうか?

a “少しでも疲れたら横になる”、“余裕を持ったスケジュールで”……お腹に優しい生活を!

ご相談ありがとうございます。女性の働きスタイル研究家のアボカドチョコです。

「出産直前まで、できる限り働き続けたい」という気持ちはよく分かります。私自身も出産2週間前まで、クライアント先に出掛けていました。

フリーランスなど、雇われずに働く人の中には、“出産の前日まで働いた”話を割とよく聞きます。お仕事内容はWebデザインなのですね、それではクライアント先に行くこともあるけれど、基本的には自宅でパソコンに向かっている毎日でしょうか。

さて、出産直前まで仕事をしたいけれど、今は、“お子さんが第一”と思っていらっしゃることでしょう。それでは、出産直前までお仕事を続ける際に、気を付けるポイントを以下に記します。

150209avocadochoco

出産直前まで仕事をする際に、気を付けるべきポイント5つ

(1)遠いクライアント先へ向かうなら、“車”で

ご存じのとおり、出産直前まで電車やバスに長時間乗ることはオススメできません。なぜなら、もし乗車中に何か異変が起こっても、すぐに対処できないし、頼る人がいないからです。遠方へ行くなら、車で1時間程度までがいいのではないでしょうか。

誰かに自家用車を運転してもらうか、タクシーで。特に臨月には、遠出は避けたいものですね。自動車の振動でお腹が揺れたりしますので、休みながらにしましょう。

(2)少しでも疲れたり、お腹が張ってきたら、すぐに横になって休む

お仕事はとても大事。でも仕事ばかりをしていると体に異変が起こっても、「すこしくらい大丈夫」と思ってしまいがち。仕事を無理すると、体にも負担がかかってしまいます。特に、お腹が張ってきたら休みましょう。

主婦の友社出版の『妊娠初期に読む本』には、『おなかが張るのは子宮が収縮している証拠ですから、重い物を持ったり、歩き回るとおなかが固くなる、おなかが張ると感じるようなら、無理をせず安静第一で過ごしましょう』とあります。

(3)スケジュールは余裕をもって立てる

(2)ができるように、スケジュールは妊娠前のように詰め込まないで、余裕が”あり過ぎる”くらいゆっくりした予定を立てましょう。

(4)“妊婦でない、後任パートナー”と仕事を分かちあう

出産日は、早まる可能性もあります。そんな時にピンチヒッターを頼める“後任パートナー”を育てておきましょう。妊娠が分かってすぐに後任者を募集した人もいますよ。

(5)事前に、クライアント先へ「もし仕事ができないときは、申し訳ない」と伝えておく

クライアント先にも出産時期を伝えておきましょう。「出産に関する事情で、もし仕事ができないときは申し訳ありません」という旨の了解を得ておきます。また、(4)の後任者を紹介しておくと良いですね。


妊娠5か月だと、これからお腹もドンドン大きくなりますね。そのうち、歩くのもやっと、という時期もきます。つらくなったら横になって、ゆっくり過ごしてくださいね!

【参考文献】
・『妊娠初期に読む本』主婦の友社・編

【関連コラム】
・職場に妊娠報告するベストなタイミング
第1子出産を機に退職する女性が多いワケ

●ライター/アボカドチョコ(女性の働きスタイル研究家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする