ワンパターンでも飽きないドイツ式朝食メニュー

【女性からのご相談】
朝ご飯をしっかりと取るのが好きです。おしゃべりしながら外で友人と食べるのも好きですが、自分で作るのも大好き。ご飯よりもパン派なので、レパートリーが増えず、ワンパターンになってしまいます。日本以外の外国の朝食ってどんなかんじなんですか?

a 朝食はワンパターンでもOK! 大事なのは栄養バランス。

こんにちわ、フードコーディネーターのエミオです。

朝、余裕をもって起きて、しっかり食べる朝食。それを習慣として続けられるということはとっても素晴らしいことだと思います! 最新のトレンドが溢れる東京では、世界中のおいしい食材が揃った、ワクワクするような朝食を楽しめますよね。ヨーロッパでは、毎日決まったものを食べ続けている人のほうが多く感じます。

朝食に大事なのは、エネルギーに変わる炭水化物、血や肉を作るタンパク質、身体の調子を整えるビタミン・ミネラルを含む野菜や果物。これらをバランスよく取り入れていればオッケー。色々考えて、食べなくなるよりも、ワンパターンでも毎日続けることが大事です。

150202emio

ドイツ式朝ご飯の楽しみ方

ドイツにこんなことわざがあります。『Frühstücken wie ein Kaiser – Mittagessen wie ein König und – Abendessen wie ein Bettelmann(朝ご飯は皇帝のように、昼ご飯は王様のように、夜ご飯は乞食のように)』

つまり、朝ご飯と昼ご飯をしっかりと食べて、夜はあまり食べず質素に、というのはドイツ式。

ちなみに、同じヨーロッパでもイタリアの朝はエスプレッソとクロワッサンひとつだけ、夜はワインを飲みながらしっかり食べる、というまったく違う食習慣です。

ビジネスマンや一人暮らしの人は外で朝ご飯を取るのが普通。そのため、朝早くから開いているカフェやパン屋も多く、決まった朝食メニューを出しています。土日は、家族や友人と外でゆっくりお話をしながら朝ご飯を楽しみます。食べる物は毎回一緒。代わり映えはしないけれど、友人たちとの時間を楽しんでいるといった感じです。

栄養バランス満点、ドイツの定番メニュー

「毎回それで飽きないの?」と、思いたくなるようなドイツの朝ご飯。ビタミン、ミネラルはライ麦パンからしっかり取れる、栄養バランスの取れた献立になっています。

・ドイツパン(ライ麦パンが主流で、雑穀やパンプキンシード、ひまわりの種などがぎっしり詰まった重たい黒パンなど色々な種類があります)
・ハム、ソーセージ、サラミ、レバーペーストなど
・チーズ(ヤギチーズ、ハーブ入りチーズ、フレッシュチーズなど)
・ちょっとの野菜とハーブ(トマトやキュウリなど)
・ゆで卵


パンもチーズもハムも、2〜3種類用意し、全てテーブルにセットして、好きなものを好きなだけ食べるのがドイツ式。ここにフルーツジュースとコーヒーが加われば、バッチリ。ドイツパンが手に入ったら、ぜひドイツ式朝ご飯を試してみてください。

●ライター/エミオ(フードコーディネーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする