“デング熱”の基礎知識と治療方法について

【男性からのご相談】
日本中を騒がしているデング熱とは、どういった経路で私たち人間に感染し、どのような症状が表れるのでしょうか。また治療、予防法はないのでしょうか。分からないことが多く、外に出るのが怖くなってきました。

a 主な症状は発熱。治療薬を誤ると重症化の危険があります!

こんにちは、スチューデントドクターのひでくらてすです。

ご相談ありがとうございます。今まさに日本中を席巻しているデング熱。2014年9月中旬時点で感染者は100名を超え、感染エリアは東京都内だけにとどまらず千葉県にまで拡大しているとみられています。

141006hide

デング熱とは?

デング熱とは主に東南アジアや中南米に多く、蚊が媒介する『デングウイルス』によって発症します。

日本ではデングウイルスは『ヒトスジシマカ』によって媒介され、海外でデングウイルスに感染したヒトを蚊が吸血し、その蚊がまた別のヒトを吸血する、この繰り返しで感染が拡大したと考えられています。ヒトからヒトへ直接感染することはありません。

ちなみに“デング”とはスペイン語で「ひきつっている」「こわばる」といった意味で、デング熱患者の歩き方がそのように見えるためそう呼ばれるようになったと言われています。

デング熱の主な症状

デング熱の主な症状は、筋肉痛や関節痛を伴う発熱です。比較的予後良好な感染症で、デングウイルスに感染しても発症しない場合もありますし、発症しても多くの場合1週間ほどで後遺症もなく回復します。

しかし、まれに点状出血などの出血傾向を呈し、多臓器不全やショック症状など、重症化する例もあります。

デング熱の治療や対処法

デング熱のワクチンが近年中に実用化されるという報道もありますが、2014年9月時点で承認されたものはなく、特効薬もありません。

治療は水分補給と解熱剤による対処療法が主になります。解熱剤はアセトアミノフェン系のものを使用しましょう。

解熱鎮痛薬であるアスピリン系の薬剤はReye症候群(アスピリンなどによって感冒様症状などの後に嘔吐や意識障害をきたす急性疾患)といった副作用を引き起こすので控えてください。ロキソプロフェンも控えるのがよいでしょう。

デング熱を含め蚊が媒介する感染症(マラリアなど)はなんといっても予防が大切です。感染が報告されている地域へはなるべく近づかないようにして、虫除けスプレーを使用したり、長袖長ズボンを着用するなどの対策を心がけましょう。

デング熱の感染エリアなど、詳しい情報は厚生労働省のHPからも得ることができます。

●ライター/ひでくらてす(スチューデントドクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする