健康をキープしたい! 生活習慣病予防のための3つの柱

【ママからのご相談】
父が50代後半に差し掛かり、今まで頑健だった父の健康にも陰りが見えてきました。まだまだ“危険水域”には達していませんが、血圧や糖尿、コレステロールの値が軒並み高く、基準値ギリギリです。このまま生活習慣病にならないように、共通する予防策をお教えいただきたいです。

a 毎日の生活を意識しましょう。

ご相談ありがとうございます。フードアナリストの鍋谷萌子です。

生活習慣病の予防には、3つの柱があると言われています。共通する3つの予防策を網羅すれば、生活習慣病になる可能性は、大きく下がります。

今回は、厚生労働省の『生活習慣病予防』から、その3つの柱を紹介しましょう。

150128otsukaasaka

生活習慣病予防の3つの柱

(1)まずは運動

高コレステロールへの働きかけとしては、“中性脂肪の分解”を。高血圧に対する働きかけとしては、血管の拡張による“血圧の低下”を。そして糖尿病には“エネルギーの消費”と、“ブドウ糖が血中から細胞に取り込まれやすくなる”、という形での働きかけができます。

ちなみに、運動は有酸素運動を基本としつつも、「ちょっと苦しいかな」という程度のものを強度で行うとよいとされています。

(2)食事には気を付けたい

“食事”と“生活習慣病”は切っても切り離せません。ただ、食事療法は、それぞれの症状によって大きく変わってきます。糖尿病の場合は基本的にはカロリー節制が、高血圧予防の場合は塩分の節制が、高コレステロールの場合はコレステロールの制限が必要です。

しかし、望ましい傾向はどれも変わりません。

・薄味
・野菜を多めに食べる
・腹八分目を心掛ける
・ドカ食い、早食い、夜食をやめる

というものです。

また、「これを飲めば大丈夫」「これだけを食べていれば大丈夫」などという、魔法の薬は存在しません。

(3)喫煙は百害あって一利なし

“生活習慣病を食い止めるためには、禁煙が大切”と言われています。

高血圧で、かつ喫煙をしている人の場合、そうでない人に比べて、15倍も脳卒中になる確率が高いと言われています。これは、“高血圧ではない人の喫煙者、非喫煙者”の場合と比較しても3倍の数字です。

また、大阪府立健康科学センターの中村氏が指摘するところによれば、『喫煙によってインスリンの働きが悪くなること、まったく吸わない人と15本~34本(1日)に吸う人では、同じ糖尿病患者であっても、合併症をおこす確率が2.5倍以上』になるそうです。

また、喫煙をすることで、悪玉コレステロールが増加し、善玉コレステロール値は少なくなる、とも指摘されています。

このように、“運動”“食事”“禁煙”に気を配ることは、生活習慣病を予防する上で、とても大切な柱となります。既に生活習慣病を発病している人も、「まだ大丈夫だけど予防したい」という人も、今日から生活を見直してはいかがでしょうか。

【関連コラム】
生活習慣病のリスク3つ
生活習慣病になるリスクが高まる年齢とは
メタボリックシンドロームの定義とは?

●ライター/鍋谷萌子(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする