もしやスマホ症候群? ストレートネックになる原因と改善策

【ママからのご相談】
子育て中の主婦で週4日ほど事務のパートをしています。最近、肩こりがひどくて首のだるさもあり、気になっています。また、ときどき胸がつまるような息苦しさも感じます。どこか悪いのでしょうか。

a ストレートネックの可能性があります。パソコンやスマホの使い過ぎに注意し、正しい姿勢を保つようにしましょう。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

最近はパソコン関連の職業でなくても仕事でパソコンを使う人が増えています。また、プライベートではスマートフォンが普及してきました。パソコンやスマホを長時間使い続けていると、悪い姿勢が続くことでストレートネックや猫背が癖となり、内臓を圧迫し胸がつまる感じや息苦しさを感じさせます。

そこで、今回はストレートネックや猫背の原因と対処法についてご紹介します。

150127maki

ストレートネックとは

ストレートネックとは、うつむき姿勢が続きやすい現代人に多い、首の状態をいいます。正常な人の首の角度は前に30度〜40度傾いています。しかし、パソコンやスマホを長時間使っている人は、うつむいたり、顎が前に出た状態になるため、この首の角度が30度以下となります。

その結果、首回りや肩の筋肉が凝り、ひどい場合には頭痛や吐き気を引き起こします。

ストレートネックの原因は“猫背”

ストレートネックは首の角度が原因ですが、首の角度を正しく保つには“正しい姿勢”が大切です。

パソコンやスマホを使っていると、自然と猫背になってしまいます。仕事中にパソコン作業で猫背になり、プライベートでもスマホの画面を見てうつむき姿勢になっていると、どんどん姿勢が悪くなり、通常であればS字に湾曲しているはずの背骨が歪み、ストレートバックと呼ばれるまっすぐな背骨になってきます。

そして、ストレートバックになると胸椎の前にある肺を徐々に圧迫して息苦しく感じさせてしまうのです。

ストレートネックや猫背の対処法

ストレートネックは、パソコンやスマホを使うときの姿勢が問題となるため、使い過ぎに注意することも対処法の1つです。

しかし、ストレートネックの根本的な原因は猫背にあります。従って、もともと猫背気味ではない人の場合、姿勢を少し意識して改善するだけで、息苦しさを緩和することができます。猫背が癖になってしまっている人の場合は、骨盤と背骨の歪みが生じているため、骨盤を体の中心に持ってくるように意識して過ごすようにしましょう。

また、整形外科でレントゲンを撮って骨の状態を見てもらったり、整体やカイロプラクティック院で背骨や骨盤の調整をしてもらうのも1つの方法です。


ストレートネックは今や現代病の1つで、別名『スマホ症候群』とも呼ばれているほどです。

ストレートネックを放置しておくと、首や肩が凝るだけでなく、腰痛や血流の悪さから頭痛や自律神経系の不調をもたらし、だるさや手足のしびれ、ヘルニアなどを引き起こすこともありますので気づいたときに意識して姿勢を改善したり、ストレッチをして姿勢の改善に努めましょう。

【関連コラム】
スマホの使いすぎによる“腱鞘炎”のタイプ2つ
スマホで猫背に!? 子供がストレートネックになる傾向と対策
突然“ぎっくり腰”になった時の対処法2つ

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする