つらい椎間板ヘルニア……自然治癒することもあるってホント?

【女性からのご相談】
私は腰痛に苦しんでいます。あまりにも痛みがひどく、病院に行こうと思うのですが、母がそんなものは放っとけばなおると言うのです。本当でしょうか。

a 確かに放置しておけば治るケースもありますが、痛みがひどい場合は整形外科で診察を受けたほうが良いのは間違いありません。

こんにちは。ライターの佐藤俊治です。

腰痛に苦しんでいるとのことで、非常に不便な生活になっていることと思います。

141224satoshunji

自然治癒力で痛みが引く場合もある

慢性的な腰痛は、『腰椎間板ヘルニア』と言う病名で知られています。腰椎間板ヘルニアは当初、手術で飛び出した髄核を取り除かない限り痛みが引かないものと考えられていました。

しかし、最近の研究で白血球中のマクロファージが自分で取り除いてくれることが判明しています。従って、現在の整形外科では、腰痛の場合でも無理な治療をせず、3か月程度様子を見ることが多くなっています。

ご相談者様のお母さんが間違ったことを言っているわけではありません。そこまでお見通しでそのような発言になったのか、あるいは生活の知恵からそのような結論に至ったのかは不明ですが。

症状が重篤な場合は手術が必要

しかし、痛みが重篤化している場合は、早急な入院と手術が必要となります。以下の様な症状の場合が出ている場合は、一刻も早く病院に行ってください。

・足に痺れがある
・下半身に力が入りにくい
・3か月様子を見ているが症状が改善しない
・尿失禁してしまう

以上ような症状が“重篤”の定義となります。

とりあえず病院に行くのも良し

とは言うものの、患者としては一刻も早く状況を打開したいもの。当たり前で何の面白味もない意見ですが、やはり専門医の診察を受けることは、事態打開の第一歩になるのは間違いありません。

病院では詳しく様子を尋ねられますので、明確に答えられるよう準備してください。また、納得の行かない診察だった場合は、我慢せずに他の病院にいくことも重要です。

【参考リンク】
「腰椎椎間板ヘルニア」 | 日本整形外科学会

【関連コラム】
アノ痛みは味わいたくない! 腰のヘルニア予防法3つ
突然“ぎっくり腰”になった時の対処法2つ
妊娠中の椎間板ヘルニア等、腰痛トラブルの知識と予防法

●ライター/佐藤俊治(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする