重度の“アザーコンプレックス”に陥らないための心構え3つ

【男性からのご相談】
このごろ民放のテレビ番組発の造語で、“アザコン(アザーコンプレックス)”という言葉が流行っているようです。他人の目を気にしすぎることが原因で借金を重ね、ひどい場合には家庭崩壊に至るような人のことを指す言葉だとのこと。実は私の亡くなった父親がそれで、小さな会社の経営者なのに地元の奉仕団体を通して知り合った有名人たちとつき合い、“なりきり大社長”を演じていたような人でした。おかげで家族は貧乏し困っていました。

私自身はそんな父を見て育ったのであんなふうには絶対になりませんが、妻にも子どもたちにも“アザコン”にはなってほしくありません。アザコンの実態とアザコンにならないための心がけをおしえてください。

a “アザコン”は、『演技性パーソナリティ障害』という精神疾患に近い概念です。

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。ご相談ありがとうございます。

民放のテレビ番組で、『他人の目が気になりすぎる症候群』として紹介されて以来、「近年急増している人間類型」といわれているアザコン(アザーコンプレックス)とは、あなたのお父さまのように実は昔からある、これといって珍しくない人間のタイプです。

英語圏には、『隣の芝生は青い(The grass is always greener on the other side of the fence.)』ということわざがあり、これが高じて“見栄っ張りのなりきりセレブ”になってしまったような人は、程度はまちまちですがけっこう身近にもいます。

実は、精神医学の研究では『演技性パーソナリティ障害』や『虚言症』といった概念ですでに定義づけられている疾患に近く、以下の記述はパーソナリティ障害を専門とし都内でメンタルクリニックを開業する医師に伺ったお話しを基に、すすめさせていただきます。

141210suzukikatsuyoshi

アザコン(アザーコンプレックス)とは何か。その実態は?

『“アザコン(アザーコンプレックス)”という言葉を初めて発信した2014年10月放送の民放のテレビ番組では、8年前になくなられた往年の二枚目ハーフ俳優の長男の暴露証言を基に、“他人の評価が気になり過ぎ背伸びをし過ぎることによって、借金・家庭崩壊・離婚などの悲劇的な事態に至ってしまう危険性を孕んだ人格”としてアザコンを紹介しました。

長男の暴露証言ではこの二枚目役者さんは他人の目を気にするあまり、仕事先の近くまでは自分の中古軽自動車で行き、途中から高級ハイヤーに乗り換えて劇場入りするような毎日だったそうです。

しかし、そういった“他者からの注目が自己の基準となっていて、そのために表面的な手段を使う人”というのは、周囲をよく見まわすとそんなに珍しくありません。

たとえば1970年代に大ヒット曲を連発した日本の混声コーラスグループのリーダー格だった男性で、売れなくなった1980年代以降もスターとしての華やかな外見を保っていなければならないといった自意識からスーパーで金庫破りをはたらくという行動に出て逮捕されてしまった人がいます。

これなどはアザコンが著しい社会的不適格性にまで至ってしまったほんの一例ですが、この段階に至ると医学的には、「パーソナリティ障害」として病気のレベルと判断します』(50代女性/都内メンタルクリニック院長・精神神経科医師)

重度のアザコンに陥らない方法は、“他人から認められるための努力はしないこと”

『番組ではアザコンかどうかの簡単なチェック方法として、

・メールが来ると忙しくても即返信してしまわないか
・落し物を拾ってもらったとき“ありがとう”ではなく“ごめんなさい”といっていないか
・風邪でもないのにマスクをして出かけないと落ち着かないか

の3項目テストを紹介していましたが、精神神経科の医師としては、“さほど親しくもない著名人を“さん”づけで呼んでいないか”を挙げたいと思います。ただし、当てはまったとしても、気にする必要はありません。むしろ、程度の差こそあれ、誰もがアザコンの資質は持っていると認識して、重度のアザコンに陥らないためにどうするべきかを考えた方が有益です』(前出・精神神経科医師)

重度のアザコンに陥らないためにできること3つ

・1……他人から認められるための努力はしないこと。他人がどうであれ、自分のための努力をする
・2……失業や仕事が少ないことは今の日本の社会では恥ずかしいことでも何でもないと認識する
・3……複眼思考をする。相矛盾する考えを自分の中に常に持ち、都合よく使い分ける

軽いアザコンくらいなら、誰にだって思い当たるフシがあるはずです。この3つの心がけを肝に銘じて、家庭崩壊につながるような重度のアザコンに陥ることのないよう、気をつけたいものです。

【関連コラム】
公共の場での子供の声を“騒音”だと思うか
本当にあった「ママカースト制」の体験談5選
自分がシングルマザーであることを学校の保護者会で伝えるべきか?

●ライター/鈴木かつよし(エッセイスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする