歯茎から出血する原因と注意点

こんにちは、フードアナリストの鍋谷萌子です。

歯磨きをするたびに歯茎から血が出る。こんな状況になると、歯を磨くことさえ嫌になってしまいますよね。そこで今回は、そんな悩ましい歯茎からの出血の原因と対策を見ていきます。

140820oostuka

歯茎からの出血が起きる理由は?

歯茎からの出血が起きるもっとも大きな理由は、『歯周病』だと専門家は指摘します。歯茎の出血のうち、9割以上がこの歯周病を原因とするものだと考えられています。

歯周病というのは、歯と歯茎の境目に細菌が発生することによって起きる病気です。

これは、重症度によって『歯肉炎』と『歯周炎』に分けられます。

歯肉炎の方が軽度で、これの場合は歯茎、つまりは“肉”部分の炎症だけで収まります。この歯肉炎が悪化すると、歯の部分、つまりは“骨”まで溶かしてしまいます。

歯の出血は症状が進むと頻繁に見られるようになりますが、もっとも軽い歯肉炎の段階でも起こる可能性があります。このときに注意したいのは、「決して強い力でブラッシングしていなくても、出血してしまう可能性はある」ということです。もちろん、柔らかい歯ブラシでのブラッシングの方が出血のリスクは少ないのですが、たとえ力を入れていなくても出血を起こす可能性はあります。

出血はさせた方がいい? それともさせない方がいい?

ただ実は、“出血=悪いことである”とも限りません。

歯を専門に研究している医師の中には、『歯を刺激し、血を流させることによって歯茎を強くすることができる』と考える人もいます。そのため、出血が必ずしも悪いことであるとは限りません。

上記で紹介した通り、歯茎からの出血のうち90%は歯周病を原因とするものです。言い換えるなら、10%はそれ以外が理由であるということです。たとえば、風邪や寝不足などがその原因と考えられます。また、虫歯などが原因となることもあります。

このように、他の病気を原因とする場合や口内環境を改善しているにも関わらず出血が続くという場合は、歯医者にかかってみるとよいでしょう。

特に、出血を伴うほど進んだ虫歯の場合、放置していても治ることはありません。


歯は、一生付き合っていく大切な部分です。今後の食生活を豊かにおいしく過ごすためにも、異常があって治らないということであれば、医師にかかることをオススメします。

【参考リンク】
歯ぐきの出血だいじょうぶ? | 日本大学松戸歯学部付属病院

●ライター/鍋谷萌子(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする