睡眠と食事どっちが大事? たった30秒でできる健康法

【男性からのご相談】
血圧や血糖値が高くなり始めました。食事に気を付ければいいとわかっていますが、帰宅時間が22時を超えます。そこから作ろうにも睡眠時間が……。寝不足も体によくないと聞くし、睡眠と食事、どっちが大切かを教えてください。

a 睡眠時間と食生活、バランスをとるのが一番重要。

こんにちは、フードライターの鍋谷萌子です。

「バランスを考えた自炊をするのが一番いいのはわかっているけど、そんな時間があるなら眠ってしまいたい」と考えるのは、ごく自然なことです。

でも、そうしているとコンビニ弁当や外食ばかりになってしまう……。

そんな悩みを解決するために、睡眠時間と食事の重要性、バランスのとり方をお教えします。

140625otsuka

睡眠不足の危険性

睡眠不足が危険なのは、誰でも知っていることです。

こんなデータが出ています。「現在高血糖でないひとであっても、4時間未満の睡眠が1週間以上続けば、糖尿病の初期段階の症状を呈するほどに、血糖値は上昇する」

これはアメリカのシカゴの研究チームが出したものであり、血糖値と睡眠時間の因果関係を証明しています。

また、疲労を回復したり成長させたりする成長ホルモンは、寝ている間に放出されます。睡眠時間を削るということは、体の回復を遅くするということに等しいのです。

不安定な食事のデメリット

また、偏った食生活もよくありません。油物の取りすぎは高コレステロールの原因になりますし、塩分の強いものは高血圧の原因になります。食べ過ぎや偏食が、糖尿病の原因になることもまた、よく知られています。

コンビニなどは、「多くの人に、安く、手早く、美味しく食べてもらう」というのがコンセプトです。そのため、油で揚げる料理や味付けが濃いものなどが多くなってしまうのです。

たった一工夫で折り合いがつけられる

しかしこれでは、やっぱり困ってしまいますよね。睡眠時間を確保することも大事、だけど家で自炊する時間は物理的にない。しかし食べないのもよくない……と悩むことになります。

でもこれは、たった一工夫で解決することができるのです。

それは、「成分表示を見る」ということです。

今は、コンビニやファミレスなどでも、ほとんどのところで成分表示がなされています。

特にカロリーですね。カロリーを見て、自分の1食あたりにとっていいカロリー量以下のものを選ぶようにしましょう。本当は野菜の量などを見ることができればそれが一番いいのですが、それはまだまだ難易度が高いはず。そのため、カロリーを見て、なおかつ野菜の多そうなメニューを選ぶといいでしょう。

この作業は、30秒もかかりません。たったこれだけで、あなたの食生活は劇的に変わるはずです。

【参考文献】
・『病気を治したければ「睡眠」を変えなさい』白濱龍太郎・著

●ライター/鍋谷萌子(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする