近況を伝えたい! 年賀状に“離婚した”ことを書くのはアリか

【女性からのご相談】
年賀状について困っています。離婚したことを伝えていない人もいます。年賀状で離婚したことを伝えるのは、気が引けます。でも、住所が変わっているので伝えた方がいいのかなと悩んでいます。

a 住所や苗字が変われば相手も自然に分かります。無理に伝えなくても良いでしょう。

ご相談ありがとうございます。シングルマザーライフ研究家の此花(このはな)です。

年賀状に、離婚したことを伝えるべきかどうかを悩んでいるということですね。今回は、新年のご挨拶に離婚したことを書いた方が良いのかどうか、ということについてお話をしていきます。

141205konohana

年賀状は近況を添えても良いのです

年賀状は、新年を祝う言葉をもってあいさつする挨拶状のようなものです。親しい相手には近況を添えることもあります。

“近況を添えることもある”ということであれば、もちろん、「離婚しました」と記入しても良いわけですから、悩む必要はないということになります。この場合は、「離婚しました」よりも、「旧姓に戻りました」の方がソフトに感じられるかもしれません。

書かないという選択もあり

親しい間柄とはいえ、年賀状で離婚したことを伝えたくないと思ったら、あえて書く必要もないでしょう。

住所や苗字が変わっていれば、相手も自然と気付くはずです。どうしても伝えたい場合には、手紙で離婚したことを伝えれば良いでしょう。

年賀状の前に伝えておけば悩むことはありません

年賀状を出す前に、離婚をしたことを伝えておけば悩む必要はありません。

電話やメールで伝えておけば済む話です。「旧姓で年賀状が届くからね」と伝えるだけでも良いでしょう。


今や離婚は珍しいことではなくなっていますから、年賀状に近況報告として書いても特に問題はないと思います。必要以上に神経質にならなくても良いと思いますよ。

「お互いに新年をめでたく迎えることができましたね」という気持ちが伝われば良いのです。

【参考文献】
・『ちゃんとした手紙とはがきが書ける本』マガジンハウス

【関連コラム】
離婚の報告をすべき相手の見分け方3つ
子連れ離婚をしたら“旧姓”に戻すべきか
女性が離婚を決断する時にまず考えてほしいこと3つ

●ライター/此花(シングルマザーライフ研究家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする