ゲホゲホ! 咳をすると“血の味がする”場合に考えられる病気

【女性からのご相談】
主人が1か月ほど前に風邪をひいてから、咳だけが続き、最近、「血の味がする」とあまり食欲もないようです。

本人は、「咳のしすぎで喉でも切れているんだろう」というのですが、大丈夫でしょうか?

a 咳にはさまざなま病気が潜んでいます。早期の受診を!

こんにちは。健康管理士のSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

ご主人も年末に向けての慌ただしさに、ご自分のことが後回しになっていらっしゃるようで、ご家族としては心配ですよね。

確かに咳のしすぎで、喉や気道に裂傷が起きて出血し、それで血の味がすることもあります。

しかし、「咳が出ても熱がないから大丈夫!」と軽く考えていたら、大きな病気がそこに潜んでいるかもしれません。

そもそも咳(せき)ってなに?

生きていれば必ず起こる“咳(医学用語では“咳嗽”とも)”ですが、その具体的な知識を持っている方は少ないのではないでしょうか。

普段当たり前のように行われる身体反応というのは、意外と意識しないものですよね。

そこでここでは、咳についてお話ししていきます。

「咳」と聞けばあまり良い印象を持たない人も多いと思いますが、人間が健康に生きていく上でとても大切な役割を持っています。

ウイルスやほこり、食べ物などの異物は日頃から接するものですが、これらが肺や気管に侵入するのを防ぐのが咳です。

つまり、咳は呼吸器の感染症や窒息などを防ぐための生理反応というわけですが、ほかにも鼻毛や鼻水、くしゃみなども異物を排出する機能となります。

その中でも咳と深く関係するのがタンです。

タンは唾液や粘膜、細菌などが合わさって生成された液体で、咳をすることで内包する細菌を外へ押し出します

私たちはこのようなさまざまな防御反応を持っているために、健康的に生きることができるのです。

咳の種類

一口に咳と言っても、実は何種類かに分けられます。以下では咳の種類について見ていきましょう。

湿性咳嗽(しっせいがいそう)

湿性咳嗽とは、タンを伴った“湿った咳”のことです。

乾性咳嗽と違い、タンは有害物質を外へ排出するために生み出される粘膜であるため、タンを伴った咳は必ずしも病的なものではありません。

主に気管支や肺などの下気道の炎症などによって起こり、“ぜーぜー”という音が聞こえます。

湿性咳嗽で考えられる病気には、

・慢性気管支炎
・気管支ぜんそく
・肺がん
・副鼻腔気管支症候群

などがあります。

乾性咳嗽(かんせいがいそう)

乾性咳嗽は、いわゆる“タンを伴わない咳”のことで、主に咽頭(鼻や口のこと)や喉頭(咽頭と気管の間)の病気によって起こります。

この咳は気道などが敏感になって咳が出やすくなることが原因で、ほとんどが病的な咳となります。

乾性咳嗽で考えられる病気には、

・アトピー
・咳ぜんそく
・胃食道逆流症
・肺炎
・ストレス
・結核

などがあります。

咳は長引く期間によって名称が変わる!?

pexels-photo-large

咳の中には、1日2日で治まるものあれば、1か月以上経っても治まらないものもあります。

そのため、咳は発症期間にあわせて以下の3つに分類されています。

・急性咳嗽……発症から3週間以内
・遷延性咳嗽……発症から3〜8週間以内
・慢性咳嗽……発症から8週間以上


咳は一度の反応で体力を多く消耗します。あまりにも咳がひどい場合、長引く場合は肋骨などが疲労骨折することもあるそうです。

タンにはさまざまな種類がある

pexels-photo-large-1

湿性咳嗽の元になるタンですが、実はさまざまな種類があります。

【タンの種類と色】
・膿性……黄色、緑色、さび色
・粘液性……透明
・泡沫性(ぼうまつせい)……ピンク色
・漿液性(しょうえきせい)……透明
・血痰……茶色
・喀血……赤色

このように、タンは色で見分けることができます。

血痰や喀血を見て病気を疑う人も多いと思いますが、透明だったり黄色いタンの中にも要注意なことがあるので、注意が必要です。

咳の原因となる主な病気6つ

咳

通常であればすぐに治まる咳ですが、特に感染症などの病気にかかった場合、ウイルスを排出しようと長引くことがあります。

このように、長引く咳は何かしらの病気のサインであることもあります。

以下では咳を引き起こす主な病気を見ていきましょう。

(1)インフルエンザ

咳や鼻水、クシャミ、高熱など風邪に似た症状ですが、脳炎などの比較的重い症状を引き起こす恐れもあります。

毎年ウイルスの型が変わることから、完全な予防は難しいとされているため注意が必要です。

(2)慢性閉塞性肺疾患(COPD)

気道が狭くなったり、肺が膨張したりすることで肺の機能が低下した状態のことをいいます。

主に肺気腫と慢性気管支炎によるものです。

この病気は主に喫煙者に多く見られ、別名“たばこ病”とも言われています。

場合によっては一年以上も咳が続きます。

(3)気管支炎

気管支は喉の気道から肺へとつながる部分ですが、これが炎症を起こすと咳の症状を伴います。

さらにタンも出やすくなるため、慢性的な湿性咳嗽が続いている場合は疑うべき病気の一つです。

タバコの煙(受動喫煙含む)やアレルギーなどが原因となります。

(4)気管支ぜんそく

原因はアレルギーによるものとそれ以外のものとに別れます。

気管支ぜんそくは慢性的に気道が狭くなるため、肺へ送られる酸素量が少なくなり、少しの運動で咳き込むようになります。

この病気による咳は一般的に風邪やインフルエンザよりもツラいとされ、時には命に関わるほど重くなることもあるようです。

(5)肺炎

肺の中にウイルスなどが入り込み、感染症などを引き起こすことで発症します。

入り込むウイルスや細菌には、インフルエンザウイルスやマイコプラズマなどが挙げられます。

咳やタンなどの症状のほかに、胸が痛いなどの独特の症状も現れます。進行すると死に至ることもある重い病気です。

ちなみに、咳では肺の中のウイルスは取り除けないため、肺炎患者が苦しむ咳はほとんど症状の改善にはつながりません。

(6)肺結核

以前は“一度かかったら助からない病気”として恐れられていましたが、現代では多くの人が治療可能となっています。

肺結核は結核菌に感染することで起こり、激しい咳と熱に襲われます。

あまりにも激しい咳をすると、喉が切れて喀血になることもあります。

肺結核は感染力が非常に強いため、家族や友人などを危険にさらさないためにも、早めの治療が求められます。

血の味がするメカニズム3つ

pexels-photo-14104-large

咳をした際に“血の味”がすることがありますが、実際に血は出ていないことも多く、不気味に感じるという人も少なくありません。

そこでここでは、血の味がするメカニズムについてご紹介します。

(1)喉や気道の裂傷

肺炎やぜんそくなどの激しい咳を伴う病気を患った場合、喉や気道が傷ついて出血することがあります。

(2)激しい運動

人間は激しい運動をすると、ヘモグロビンが血液中に放出されるのですが、このヘモグロビンが唾液の中に混ざって血の味がすることがあります。

(3)鼻血

咳をして血の味がする場合、鼻血が混ざっている可能性があります。

大量の鼻血でなければ自覚症状がないため、知らない間に口の中へと落ちてきていることがあります。

咳が長引くと血の味がする病気

pasonaz160306150i9a1901_tp_v

肺の病気

長引く咳や血の味がする原因として、まず考えられるのが肺炎などの肺の病気です。

肺炎、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺結核や肺がんなど、いずれも咳が出て、長引くと血の味がします。

近年、急増しているCOPDは、煙草を吸う人や職場環境が悪い人に多く、40歳以上の10人に1人はCOPDになる可能性があるともいわれています。

肺結核も一時、「日本では撲滅されたか」と言われるほど減少していましたが、近年また増加中です。

発症率は10%前後ではあるものの、感染力が強いため、ご主人だけではなくご家族や職場の人への影響も考えなくてはなりません。

胃や食道の病気

風邪がきっかけで、喉にある咳反射を生じる部分が過敏になり、タキキニンという物質の過剰な放出による慢性咳嗽(まんせいがいそう)という症状を起こした場合、胃や食道に炎症があると、血の味がすることもあります。

慢性咳嗽とは咳が長く続く状態で、きっかけは風邪でも、疲労やストレスがたまっていると起こしやすいといわれています。

血の味がする咳の原因6つ

血の味

以下の病気では長引かなくても出血が起きます。

(1)肺がん

症状や原因については上の『咳の原因となる主な病気6つ』で触れているため省きますが、肺がんは自覚症状が少なく、初期の段階で発見されることは少ないとされています。

しかし、時に少量の喀血(かっけつ)を引き起こすこともあり、それで病気を自覚して早期発見につながる場合もあります

(2)気管支拡張症

気管支拡張症とは、気道が何らかの原因によって傷つき、気管支や呼吸管の一部が拡張したまま元に戻らない症状のことを言います。

慢性的な咳や胸痛などの症状のほか、肺炎を繰り返したり喀血を引き起こしたりします。

とくに喀血は症状が重く、時には1日に100mLの血を吐くことがあるそうです。

(3)心不全

意外に思われるかもしれませんが、心不全も喀血の原因になります。

心不全とは、収縮不全を起こした心室に血や水分がたまって心不全症状が引き起こされることを言います。

主に呼吸困難や仰向けで眠れない(起坐呼吸)などの症状があり、喀血も大きな特徴の一つに挙げられます。

心不全は死亡に至るケースも少なくないため、上の3つの症状がある場合は迅速に受診するようにしましょう。

高血圧や糖尿病が心不全の引き金になるため、日頃の生活習慣を見直すことが大切です。

(4)胃・十二指腸潰瘍

胃潰瘍と十二指腸潰瘍も血の味の原因になります。

胃潰瘍は40代以降、十二指腸潰瘍は10〜20代の人に多くみられ、多くはピロリ菌によって引き起こされます

潰瘍が起こると胃や十二指腸の粘膜に炎症が生じ、深くえぐられます。

そのため、そこから出血がある場合があり、それが持続すると吐血や喀血の原因となります。

(5)胃がん

胃がんは日本のがん死亡率において2位と、メジャーな病気ですが、自覚症状が少ないとされています。

そのため、明確が症状が出たころにはかなり進行している可能性があります。

とくに血痰が出たり吐血した場合はかなり大きな病巣があることが推測されます

胃がんの原因には喫煙や塩分過多、野菜不足などが挙げられます。

(6)アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

アレルギーにはさまざまな症状がありますが、特に咳と密接な関係にあるのはぜんそくです。

そのぜんそくが悪化するとアレルギー性気管支肺アスペルギルス症を発症します。

症状としては、ぜんそく症状の悪化や発熱、食欲不振、喀血などがあります。

この場合、出血場所は肺や気管支であることが多いとされています。

アレルギー性の症状は、それまで全くアレルギーがなかった人でも突然起こることがあるので、「今までかかったことがないから」と放置しないほうがいいでしょう。

まとめ

「咳の種類」や「血の味がする原因」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

咳やタンは誰もが経験するものですが、時には危ない病気のサインだったりします。

たとえば咳が長引いたり、タンの色がおかしいなどの違和感を抱いたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)
●追記/パピマミ編集部
当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする