独身者にも広がる貧困! シンママが低収入から抜け出す方法3つ

【ママからのご相談】
貧困や低年収と聞くたびに、「私のことだよねえ」と思います。経済的に自立をしたいのですが、どうすればいいのか途方にくれます……。

a 今の仕事を失わないようにすること。その上で、自立への計画をたてましょう。

ご相談ありがとうございます。シングルマザーライフ研究家の此花(このはな)です。

今や母子家庭のみならず、独身の方にも“貧困”が広がっています。正社員でも年収が200万円以下の人もいます。今回は、低年収から抜け出す方法についてお話をします。

141127konohana

シングルマザーの一番の悩み

シングルマザーの一番の悩みは、収入が少ないということです。子どもたちが大きくなるにつれて金銭的な余裕がなくなってしまう場合も出てきます。学費などが今まで以上にかかるからです。

特に小さな子どもがいると働ける場所・時間などが制限される上にダブルワークをして収入を得ることも難しいものです。児童扶養手当も5年も経過すれば減額される場合もあります。

今の職を失わないようにする

低年収だからといって、すぐに高収入の職場に転職できる時代ではありません。新卒者さえも苦労している就職ですから、容易ではないことはお分かりのことと思います。

現在の職場でパートや派遣社員で働いている場合には、正社員として働くことができないかを探ってみることも良いでしょう。正社員への道がないとしても、職場に必要とされる人間でいることが必要です。そのために、10分早く出社するなどしてみることも良いでしょう。

自立計画を立てる

安定した収入が欲しい。目標年収金額を得るためにはどうすれば良いのか。など、自分なりに計画を立ててみましょう。現在、パートであれば正社員を目指すことを目標に計画を立てることから始めても良いでしょう。児童扶養手当が減額されても十分に生活ができるように計画を立てることもできます。

正社員でいる場合には、持っているスキルを伸ばす努力をしましょう。目の前の仕事をせっせとこなし、社内評価をあげれば収入アップにつながることもあるのです。収入を上げるための努力は必要です。また、会社の外から収入を得ることも考えてみましょう。在宅でできる仕事から収入を得る方法を考えてみることです。


低年収からいきなり余裕のある暮らしにはなりません。無駄な出費を減らすことも重要ですが、今の職を失わないようにすることが重要です。職を失ってもすぐに仕事に就ける時代ではありません。働きながらスキルを磨き、次の職場を探すこともできるので、焦らずにやっていきましょう。

【参考リンク】
貧困拡大社会 | NHK ハートネットTV

【関連コラム】
貧困の子どもが多い日本のシビアな現実とは
専業主婦よりワーキングママの方が家計が苦しくなる原因5つ
ひとり親家庭が利用できる学習支援サービスとは

●ライター/此花(シングルマザーライフ研究家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする