先輩ママに聞いた! 中学受験に向けて通塾する前の準備3つ

【ママからのご相談】
小学2年生の男の子のママです。中学受験を考えています。周囲を見渡すと小学3年生の2月から通塾するお子さんが多いように思います。息子は現在小学2年生ですが通塾する前にしておいたほうがいいことは何かありますか?

a 受験勉強に対応できる体力と基礎学力が必要です。

ご相談ありがとうございます。フリーライターのnanakoです。

最近の中学受験の為の塾は低年齢化していて他の習い事と両立しつつ通塾するお子さんも多いようです。しかし、やはり主流は小学3年生の2月、新4年生からです。

中学受験塾にお子さんを通わす先輩ママたちに入塾前にやっておいたほうがいいことを聞いてみました。

141125nanako

通塾する前にやっておいたほうが良いこと3つ

(1)受験には体力が必要です

受験には思ったよりも体力が必要です。小学校から帰宅後、休む暇もなく塾に向かうこともあります。徒歩で通うお子さんもいますが、バスや電車で通うことも珍しくありません。そして、さらに塾で勉強するのですから疲れないはずがありません。そんな小学生に必要なものは体力です。低学年のうちからプールやサッカーなどで基礎体力を培っておくことが大切なようです。

(2)受験勉強をすんなり始められるよう学習習慣を

計算や漢字の練習はもちろん大切ですが、もっと大切なことは塾の宿題や復習を苦痛に思わない学習の習慣化です。低学年のうちは小学校の宿題をこなすだけでいっぱいいっぱいになるかもしれません。そこで通信教育などを取り入れて、学校以外の勉強も徐々に慣れていくのも良いかもしれませんね。

(3)休日は家族で有意義に過ごしましょう

低学年のうちは受験を意識しすぎることなく休日は家族で楽しく過ごすことが大切とのこと。

幼少期の家族との楽しい思い出はお子さんの人生にとっても宝物になることでしょう。遊んだり、新しいことに挑戦する中で前向きになります。受験勉強が本格化する前にたくさん家族でお出かけを楽しんでくださいね。体験型の博物館やキャンプもおすすめです。たくさんの実体験が豊かな学力を育むことにつながりそうです。


中学受験の塾に通うになるといろいろと心配になってしまいますが、あまり心配しすぎず低学年のうちは、体力づくりや毎日机に向かう習慣を身につけるように心がけたいですね。

【関連コラム】
小学校3年生の2月から塾に通うメリット&デメリット
勉強のできる子に育つ家庭環境の作り方3つ
「大手進学塾」「個人塾」のメリット&デメリット

●ライター/nanako(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする