栄養豊富なスーパーフード「キヌア」とは?

こんにちは、フードライターの鍋谷萌子です。

『キヌア』という食べ物はご存じでしょうか? これは、エクアドルなどのような暖かい地方で育てられている植物で、非常に長い歴史を持っています。このキヌアは現在スーパーフードとして名高く、特に女性に愛されています。

今回は、このキヌアに着目することにしましょう。

140922otsuka

栄養分が豊富!

キヌアは栄養分が非常に豊富です。タンパク質、カリウム、マグネシウムなどの値が高く、鉄分も豊富です。

このうちの鉄分を例にとってみましょう。

キヌアは8.05mgの鉄分を有しています。これは、豚肉のレバー、鶏肉のレバーに次ぐ数字であり、レバーペーストの上を行く数値です。

貧血の男女比は1:8とされており、圧倒的に女性が多いです。また貧血の原因のうち、鉄欠乏性貧血(血中の鉄分の値が低いために起こる貧血)が7~8割程度と言われていますから、貧血気味の人にとってキヌアが心強い味方になることは、まず間違いないでしょう。

1日当たりの鉄分摂取量の推奨量は男性ならば7.5mg、女性なら10.5mgと言われています。キヌアを100g摂取すれば、男性なら推奨量をクリア、女性でも8割を摂ることが可能です。

キヌアを健康目的で利用する

キヌアは、血圧の上昇を食い止めるカリウムの量も豊富です。

キヌアのカリウム含有量は531.2mgとなっていますが、これは食品の中で、25位以内に入る数字です。主食としても食べられる食材としてはトップの値であり、ほかの食品と合わせて摂取できることも魅力の1つです。

現在の日本人の食生活においては、カリウムは不足する可能性は低いと言われています。しかし、夏場などで大量に汗をかく時期やスポーツをしている人にとっては、とても有効な食べ物です。

キヌアは低カロリーか?

しばしば、「キヌアは低カロリーだからダイエットに向いている」と言われます。しかしながら、これはちょっと大げさな見方ではあります。

キヌアのカロリーは、100gで344kcalです。対して、お米の場合は100gで356kcalです。あまり大きな差はありません。ただ、豊富な栄養を持っていることを考えれば、「低カロリーで高栄養」と言うことはできるかもしれません。

●ライター/鍋谷萌子(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする