これって過眠症? 寝ても寝ても眠くなるワケと治療法

【女性からのご相談】
寝ても寝ても仕事中に眠くなります。これはなにかの病気なのでしょうか?

a 睡眠障害と思われます。過眠症やナルコレプシーと呼ばれる病気かもしれません。

こんにちは。ライターの佐藤俊治です。

十分に睡眠を取っているにも関わらず、眠くて仕方ないと言う症状は『睡眠障害』の可能性があります。

『睡眠障害』の中にも、不眠、過眠、睡眠時の違和感などさまざまなタイプがありますが、ご相談者さまのようなタイプは、過眠症と思われます。最近は、『ナルコレプシー』などと呼ばれています。

141120satoutoshiharu

過眠症は理解されにくいものの、深刻な病気

過眠症は、職場の会話で、「あの人は会議中にも寝ているのよ」などと、悪口を言われてしまったり、映画やスポーツを一緒に観賞、観戦しているときに寝てしまい、軽蔑されてしまったりと、なかなか人に理解を得られにくい病気です。

寝るという行為は、しばしば“怠けている”というような印象を与えてしまいます。しかし、当人にしてみれば、“寝ても寝ても眠い”わけですから、かなり深刻な問題です。

おそらく、ご相談者様も誰にも症状を相談できず、悩んでいるのではないでしょうか。

1日10時間以上の睡眠を週2日以上取っている場合は、過眠症の疑いあり

一般的に、“1日に10時間以上寝ている”、“十分に寝ているのに昼間眠い”という場合は、『過眠症』の疑いがあります。症状としては、目覚めた後に頭がボーっとしたり、食欲不振やだるさなどを感じることがあります。

治療法はあるのか?

『過眠症』や『ナルコレプシー』の治療法あるのか? かなり気になるところですよね。しかし、はっきり言うと、“特効薬”のようなものは存在していません。現状は眠気を覚ます薬を処方され、少しずつ眠気に耐えながら、体質を改善すると言う治療法しかありません。

いつまでも周りに白い目で見られていては、回復への道筋は立ちません。まずは専門医に相談し、病気を治しましょう。

【参考リンク】
睡眠障害 | みんなのメンタルヘルス(厚生労働省)

【関連コラム】
昼間に眠気がくる原因と対策法
タイプ別! 不眠症の原因3つ
・身体ナビゲーションVol.7「脳を活性化させる栄養と睡眠」

●ライター/佐藤俊治(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする