助かる! モノが片付けられない人必見の「収納サービス」4選

【女性からのご相談】
30代です。家にモノが多いのですが、どうしても捨てたくありません。ただ、今度引っ越しをする家には収納スペースが少なく、トランクルームを借りようか考えたのですが、そこまでの量でもありません。どうしようか悩んでいます。

a さまざまに特化した収納サービスがあります。

ご相談ありがとうございます。片付けパーソナリティあさがみちこです。

モノを整理するには、ご自身にとって不要なモノを手放す勇気が必要です。しかし、わかっていても、簡単にはそうできないモノって確かにありますよね。

住宅事情により、部屋に置いておくこともできない。だけど、大切なのでどうしてもとっておきたい。そんなジレンマは、きっとご相談者さんだけでなく、誰もが抱いたことがあるでしょう。

そんなときはトランクルームだけでなく、企業のサービスを効果的に取り入れてみませんか? 今日は収納サービスをいくつかご紹介させていただきます。

141113asaga

特化した収納サービス4つ

(1)クリーニング保管サービス

私も利用している、このクリーニング保管サービス。オフシーズンの衣類をクリーニングして、何か月か保管してくれるサービスです。これは最近かなりたくさんのクリーニング屋さんが行っていますよね。

(2)子どもの絵を絵本にしてくれる『カジサポ』

結構皆さんが悩んでいる子どもの絵。私自身は写真に収め、アルバムに貼り付けたらその絵自体は処分してしまうのですが、子どもが大きくなったときに、その絵を本人に贈りたい、という方は結構いらっしゃいますよね。

この『カジサポ』はそんな方におすすめです。ここでは、かさばる子どもの絵を保管してくれるだけではなく、預けた絵を絵本にしてくれるサービスも行っています。

(3)モノをweb上で管理できる『minikura』

寺田倉庫が手掛ける『minikura』は、気軽に利用できるクラウド型のサービスで、段ボール1箱から預けることができ、中身を1点ずつスタッフが写真撮影をし、web上で管理できるんです。

さらには、保管したモノの1つだけでも取り出せちゃうシステムやオークションに出店してくれるサービスも。新サービスの『minikuLOVE』では、恋愛がらみで捨てられないモノを預かるサービスもあります!

(4)危険物を扱ってくれるセントラルロジコ株式会社

セントラルロジコ株式会社では、消防法で定める危険物全類(第1~第6)を預かってくれるんです。また、毒物劇物についても“毒物劇物一般販売業”の登録を受けており、全ての毒物劇物を取扱うことが可能です。


いかがでしたか? どのサービスももちろん有料です。

しかし、置き場所に困っていても、どうしても捨てられない。そんな思いが詰まった大切なモノなら、処分して後悔するより、劣化しないような環境や場所で、大切に保管してもらうといいかもしれませんね。

【関連コラム】
子供の作品をスッキリ収納保存する方法
買いすぎ注意! “100均グッズ”で収納上手になる方法
もう使わない「ぬいぐるみ」や「人形」の処分方法

●ライター/あさがみちこ(片付けパーソナリティ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする