より料理が美しくなる盛り付けテクニック3つ

【ママからのご相談】
料理をきれいに盛り付けしたいのに、うまくできません。何かコツはありますか?

a 「彩り・高さ・バランス」の3つのポイントを押さえればOK!

最近、料理のできる女性は増えてきていると思います。お教室に通う方も多いですし、ネットでいくらでもレシピを検索できる時代ですから、おいしい料理を作ることはそれほど難しくないのかもしれません。ですが、意外と知られていないのが盛り付けのこと。

主婦歴、料理歴ともに4年の私。腕の足りなさをカバーしてくれているのはやはり、盛り付けなのだと思います。

そこで、私なりに続けてきたちょっとした盛り付けのコツをご紹介したいと思います! せっかくのおいしい料理、美しさ3割増しにしてみませんか?

(1)彩り

見た目にとても重要なのがこの彩り。赤や黄色、緑などの色がほどよく混じることが美盛りのコツ。

ですが、煮物でも揚げ物でも主役となる料理の色味だけでは物足りないことが多いものです。そんな時簡単にトライできる彩りUPの方法として、「トッピング」がおすすめ!

料理の上にトッピングを乗せる感覚で、彩りを足すだけ。ごく少量しか使わないものなので手間をかけたくないから、切った状態で常備しておくとベターです。保存しておいた緑の野菜を、料理の上に少量散らしてあげるだけで、即! 美盛り!

小口切りの万能ねぎを散らすだけで……

130411ozawa01

何てことないお味噌汁だって料亭風。茶色くまとまりがちな肉じゃがだってデパ地下のお惣菜風に。チューブのしょうがと一緒に冷奴に乗せれば、あっという間に居酒屋風。

130411ozawa02

パセリを少々散らせば、いつもと同じカレーライスやシチューだってレストラン風に!

130411ozawa03

そんな風に、緑を少々足してあげるだけでグンと見栄えするようになります。今日からできるし手間いらず。そんな手軽さがいいんです。

デザート用にスペアミント、イタリアン用にバジル、和食用に大葉などなどが常備できれば最高ですが、これらは冷凍は向かないのでキッチン栽培してもいいかも。

ほかにも、緑の野菜をメイン料理の下に敷いてあげるのも素敵ですよ。その時は水菜やベビーリーフ、ピーラーで薄切りにしたきゅうりなどが便利です。

— 万能ねぎ

洗って水切りしたものを小口切りにして、ジップロックなどに入れて冷凍庫へ。ただし、万能ねぎの場合冷凍するとクタッとなりやすいので、キッチンペーパーを敷いた蓋付きの保存容器に入れて冷蔵保存するほうがおすすめ。水分が残っていると痛みやすいので、しっかり水を切ることと、キッチンペーパーを敷くのを忘れずに。

— パセリ

洗ってしっかり水切りしたものをジップロックなどにそのまま入れて冷凍庫へ。凍ると、袋を振るだけでもパラパラとみじん切り風になるのでそのままお使いいただけますよ。

(2)高さ

彩りの次に、意識してほしいものが高さ。テーブルコーディネートでも同じことがいえるのですが、高低差をつけるとより美しく見えるのです。このテクは、デパ地下のお惣菜の盛り付けにも使われていますね。テクと呼ぶほどのものではないけれど、このひと手間で美盛り度上がります!

プレート状のお皿に盛り付けるときはぜひ、円錐状に高くなるように盛り付けてみて。焼き魚の日だって、横に添える大根おろしを少し高く盛って、万能ねぎや大葉などのお好きな薬味を散らすだけでも見栄えがよくなりますね。何も考えずに平たく乗せるとインパクトに欠けます。高さを出しながら盛り付けて、同時に彩りのバランスも整えられたら最高です。

皿ON皿のテクも使えます。プレートの上に、副菜などを入れた小さな器を乗せて高低差を作るのも効果的!

(3)バランス

これは、器に対する料理の量のこと。器にはおよそ30%以上のスペースを残してあげることでこなれた盛り付けに見えます。

お皿のふちギリギリまで使うのではなく、中央に円錐状に高く盛りつけたり、プレートに3品くらいの副菜を少量ずつ盛ったり、スペースを利用してソースで模様を入れられたらさらに素敵! そこまではいかずとも、器いっぱいにてんこ盛り! なんてことにならないよう、ゆとりある食器選びをしたいものです。


いかがでしたか?

どれも目新しいテクニックでもないのですが、こういうひと手間は継続することが難しかったりするものなので、簡単に、どなたでもすぐに始められて、継続できるようなコツをご紹介してみました。

同じお料理でも、盛り付けだけで3割増しに見せられます! この機会にぜひ一度、美盛りをお試しくださいね。

●ライター/小澤あき(読者モデル、ライフオーガナイザー2級)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (25)
  • うーん (10)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする