子どもとGO! 図書館の活用方法7パターン

最近、カフェが併設された図書館が増えてきて話題になっていますよね。これまでは、「本を読む・借りる」場所として知られていた図書館ですが、今は少し様子が変わってきているのです

今回は、図書館でできることや、利用方法についてお伝えさせていただきたいと思います。

130806sarah

WEB閲覧&パソコン利用

図書館にあるパソコンを利用して、インターネットを閲覧できるのをご存じでしたでしょうか? また、自分のパソコンを持ち込んで使用することも可能です。蔵書で調べ物をしながら、資料を作成するといいかもしれませんね。

ただし、時間制限や席の入れ替え制などを行っている図書館もあるので、利用時間を確認してくださいね。

CD視聴・DVD鑑賞

館内に観賞用の設備を備えている図書館があり、その場でDVDを見ることができます。CDの視聴ができる図書館もありますよ。

新聞

その日発行された各社の新聞が置かれていて、自由に読むことができます。また、過去の新聞も閲覧できます。雑誌を置いてある図書館も多いですね。バックナンバーに書いてある記事をもう一度読みたいといったときなど便利です。データベース化された明治時代の新聞を見ることもできますよ。

郷土資料

自分が住んでいる場所の近くにある図書館に行くと、その土地や地方の歴史を綴った、郷土資料や郷土史などが置かれています。どのくらい前に、誰がその土地を興し、どんな出来事があったのか、細かく記されています。自由研究に郷土の歴史を探ってみる、というのも面白いと思います。

図書館での飲食

以前は社員食堂のような雰囲気のレストランだったのに、お洒落なカフェに様変わりした……という話をよく聞きますが、本当に最近はお洒落なカフェがある図書館が増えてきました。

図書館の一角にカフェがあり、蔵書を持ち込み、飲み物をいただきながら読書ができるというところもあるようですね。カフェ以外でも飲食可能な休憩コーナーがあるので、お弁当を持参していくのもいいと思います。

自習をする

受験勉強などをするための学習スペースが設けられている図書館があります。静かな場所で勉強できるので、とても良いと思いますが……長時間のおしゃべりや携帯電話の通話など、他の人の迷惑にならないようマナーを守ることが大切です。子どもだけで利用するときは、特に注意が必要ですね。

おすすめコーナー

図書館の担当者がテーマを決めて、そのときのオススメ本を紹介するコーナー。選んでもらった本を読むことで、新しい発見があったり、視野が広がったりします。


子どもたちが夏休みの間、親子で一緒に図書館に足を運んでみてはいかがでしょうか。お気に入りの絵本を見つけたり、自由研究の調べものをしたり。静かな場所で集中して取り組むことができますよ。

●ライター/sarah(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする