腰に激痛が走る「ヘルニア」の原因と症状

こんにちは、フードライターの鍋谷萌子です。

『ヘルニア』という言葉は、とてもなじみ深いものです。しかし、この『ヘルニア』、正確に説明しようと思うと、なかなか難しいものです。

そこで今回は、ヘルニアとはどういうものか、どういう症状が起こるのか、そしてどのような原因によって起こるのかをお話します。

141110otsuka

そもそもヘルニアって何のこと?

ヘルニアは『hernia』というつづりで、その語源はラテン語の“脱出”“突出”です。

この言葉からもわかるように、ヘルニアは、“きちんと収まっていなければならない臓器が、何らかの原因によって、あるべき本来の位置からほかの部分にはみ出してしまうこと”を指します。

もっとも分かりやすいのが腰のヘルニアです。

腰骨の間には、『椎間板』というものがあり、これは髄核という中身と、それを取り巻く繊維輪でできています。この、本来は繊維輪の中に収められているはずの髄核が、何らかの理由で外側に出てきてしまう、というのが、腰のヘルニアの原因の1つなのです。

ヘルニアの症状とは

ヘルニアになってしまうと、どうなるのでしょうか?

もっとも代表的な症状は、“しびれ”“痛み”です。また、症状が悪化すると、背骨が大きく湾曲する可能性があります。

これらは、悪化していくと激痛に変わり、日常生活を営むことにすら不便を感じる状態になってしまいます。痛みがあることなどから、あまり動かないようになってしまい、結果的に筋力が衰えることなども問題視されています。加えて、人によっては異常な冷えなどに悩まされることもあります。

ヘルニアになる原因

ヘルニアの原因は実にさまざまです。代表例を挙げていきましょう。

・重いものを急に持ち上げたり、無理な角度で腰をひねったり、という日常生活によるもの
・椎間板や骨自体が老化したもの
・姿勢が悪く、日常的に背骨や腰に負担がかかっていることによるもの

「どれか1つだけが原因である」とは言えないものの、大きく分けて、“生活習慣”“老化”“姿勢の悪さ”がヘルニアを引き起こす理由になっていることがわかります。

ある程度の年齢になったのなら、ヘルニアを起こさない生活とはどういうものか、ということを考える必要がありそうです。

【参考リンク】
腰椎椎間板ヘルニア | 日本整形外科学会

【関連コラム】
妊娠中の椎間板ヘルニア等、腰痛トラブルの知識と予防法
育児疲れからくる肩こりや腰痛を改善するポイント6つ
突然“ぎっくり腰”になった時の対処法2つ

●ライター/鍋谷萌子(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする