泣くストレス解消法のススメ

こんにちは! 健康アドバイザーのMokoです。

みなさんは最近泣いた記憶がありますか? 自分の子どもの泣いたところを見たのはいつですか?

テレビを見て感動して涙を流したり、スポーツを見て涙を流したり、イヤなことがあって、悲しくて……と涙にはいろいろなものがありますが、涙を流すことはとても大切なことだと知っていますか?

日常生活にストレスを感じる現代だからこそ、涙を流しましょう。

笑うことも、泣くことも大切

ストレスを感じてしまうと表情が硬くなってしまったり、感情が無になることがありませんか? 人間はストレスを感じると、それを放棄しようとします。その結果、無になって自分には関係のないことだと位置づけてしまうこともあるのです。

喜怒哀楽は人間にとってとても人間らしい行動であり、笑ったり泣いたりすることでストレスを発散できます。

脳ストレスをコントロールすることに効果的だとされている『セロトニン神経』研究の第一人者である、東邦大学医学部統合生理学教授である有田先生によると、泣くことによって、心と身体を健康に導く力があることが近年わかってきたといいます。

mint02

涙にも種類がある

人間の涙には、様々な種類があります。

まず、ドライアイの防止や角膜保護のために必要な分泌となる基礎分泌のための涙、たまねきを切ったときや眼にゴミが入ってしまったときなどに出る反射的な涙、そして、悲しみや感動などの感情で出る情動の涙、の3種類に分けられます。

必要になるのは、この情動の涙です。

情動の涙は、なんらかの感情の昂ぶりによって出るものです。この涙は感情が高ぶって出るものの、眠ることと同じくらいのリラックス効果があると言われています。

人間はストレスを感じることで、交感神経が極端に緊張状態になってしまうのですが、この緊張をゆるめる効果があるということです。ですから、ストレスを涙で流すとスッキリすることが多いのだそう。

涙の量や涙を流した時間は関係なく、感情によって泣いたことが大切だそうです。


たまには感動の映画を見て涙を流したり、人目を気にせず涙を流しても良いのではないでしょうか。

泣くことは恥ずかしいことではありません。泣くことは、とても人間らしいことなのですから。

映画で想いっきり泣こう! 今なら31日間無料トライアル実施中!

31日間無料
映画、ドラマ、アニメなど多彩なジャンルのビデオコンテンツが最新作品から名作まで充実のラインナップ! スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめるビデオ配信サービスです。

●ライター/Moko(健康アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする