スポーツ好きな小中学生が発症しやすい「オスグッド病」の予防法3つ

【ママからのご相談】
サッカーをしている中1の息子のことで相談です。サッカーチームのママ友と話をしていて、スポーツをしている子どもはオスグッド病になりやすいと聞きました。その場ではなんとなく話を合わせていたのですが、オスグッドってどんな病気ですか? どんな子どもがなりやすいとか、あれば教えてください。

a 普段のケアで予防してあげましょう。

こんにちは。健康管理士のSAYURIです。

知らない病名を聞かされ、自分の子どもがなりやすいと言われると不安になってしまいますよね。

でも、オスグッド病は普段のケアで、ある程度予防ができるので、まずはどんなものなのかを理解して、しっかりケアしてあげましょう。

1106sayuri

オスグッド病とは?

一般病理学によると『オスグッド病(オスグッド・シュラッダー病)』とは、サッカーやバスケットなどジャンプやダッシュ、急な停止が多いスポーツをする、小学校高学年から中学生の成長期に発症することが多く、症状が悪化すると膝に強い痛みがでます。男女には差がなく、選手の能力とも関係がないのが特徴で、運動負荷ということが原因になったり、急激な身長の伸びが原因になったりするようです。

また、姿勢が悪く柔軟性に欠ける身体、筋肉の硬化や過緊張を招きやすい動きといった、身体にとって望ましくない動きをしていると発症しやすいとも言われています。

オスグッド病のメカニズム

オスグッドのメカニズムは、主に足の曲げ伸ばしを行うとき強い筋力を発揮する、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)の働きによります。

スネの骨の前側にある『脛骨粗面(けいこつそめん)』が、大腿四頭筋の反復作用によって強く引っ張られ、骨がはがれるなどの症状をもたらす、というのがオスグッド病が発症する原因となっています。

まだ成長期の子どもの骨は、軟骨組織が多いため、負担を大きく受けてしまいます。さらに、筋肉や腱の成長がその負担に追いつけないことも、原因の一つとして考えられます。

オスグッド病を予防するポイント3つ

子どもが好きでやっているスポーツをやめさせるようなことはおすすめできませんので、次のようなケアをすることで発症をできるだけ予防してあげましょう。

(1)運動後のアイシング

練習が終わった後は膝に氷をあてるなどして、しっかり冷やしてあげましょう。

(2)コーチや監督としっかりコミュニケーションをとりましょう

普段からできるだけコーチや監督とコミュニケーションをとって、練習中に膝の負担を重くするような、強い屈伸を避けるよう気を付けてもらいましょう。

(3)太ももの筋肉(大腿四頭筋)のマッサージをしましょう

練習後や、寝る前などに太ももの筋肉をさするようなマッサージをして、血行を良くし、筋肉の柔軟性を保つようにしましょう。


あとは、膝に痛みが出たら絶対に無理をさせず練習を休ませましょう。

痛みが治まって練習に復帰したときも、軽いメニューから始めるなど、いずれもコーチや監督ときちんと話し合うことで、ある程度の予防ができるでしょう。

【参考文献】
・『親・指導者の「常識」が作りだす子どものスポーツ障害』高瀬元勝・著

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする