冷たい食べ物でズキン! 歯が“知覚過敏”になる原因と治し方

こんにちは健康・美容ライターのMAKIです。

「冷たいモノを食べると歯がしみる」というような経験をされたことのある人も多いのではないでしょうか。

「歯がしみる」原因には、知覚過敏、虫歯、歯周病、歯科医院での歯のクリーニングやホワイトニングが考えられますが、今回は特にこの中でも知覚過敏について取りあげたいと思います。

141105maki

知覚過敏の症状

知覚過敏は、冷たいモノや温かいモノを食べたときや風が口に当たったときに起こります。

これらが刺激となって、ズキンとした神経に障るような一過性の痛みを生じさせるのが知覚過敏の特徴です。

歯は、上からエナメル質、象牙質、セメント質、神経で構成されています。歯の表面にあって硬い組織で覆われているエナメル質は歯科治療で少しくらい削っても痛みを感じることはありません。

しかし、その下の象牙質からは神経まで細い管(象牙細管)という栄養を送る管がたくさん通っているため、ちょっとした刺激でも歯の神経まで刺激が伝わって痛みを起こしてしまいます。

知覚過敏の原因4つ

知覚過敏の原因は、エナメル質が傷つくことで、少しずつ象牙質が表面に出てきて神経が刺激されることによって起こります。

そのため、象牙質に歯ブラシが当たって痛みが出たり、冷たいモノや温かいモノを食べることでしみたりするのです。

エナメル質が傷つく原因は主に以下のようなものです。

(1)不適切な歯磨き方法

毎日同じ場所ばかりを強くゴシゴシこすることで、知らないうちに象牙質が表面に出てきます。

(2)酸性飲食物の摂り過ぎ

エナメル質は非常に硬い組織ですが、酸に弱いという性質があります。

オレンジなどの柑橘類やポン酢などの酸性食品などを頻繁に摂取しているとエナメル質が溶ける『酸蝕歯(さんしょくし)』を引き起こし、象牙質が出てきます。

(3)歯ぎしり、噛み合わせが悪い

歯ぎしりや噛み合わせの不具合で、歯のエナメル質がすり減ることで象牙質が出てきます。

(4)歯周病

歯周病は、歯茎と歯の根っこの部分に影響を及ぼす病気です。歯の根っこの部分にはエナメル質はなく、セメント質があり、その下に象牙質があるという構造をしています。

セメント質はエナメル質ほど硬くないため、象牙質が表面に出てきやすくなります。

知覚過敏の治し方3つ

知覚過敏の原因を4つご紹介してきました。ここでは知覚過敏の治し方についてまとめます。

(a)丁寧な歯磨き

知覚過敏になりやすい方は、歯磨き粉をたっぷりつけ、ゴシゴシとブラッシングするタイプの人です。

優しく丁寧に、場所によってムラが出ないように同じ強さで磨きましょう。

予防のためには、普段から研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うようにし、知覚過敏の症状があれば知覚過敏用の歯磨き粉に変えると良いでしょう。

(b)食生活に注意する

柑橘類や炭酸飲料など、酸性食品の摂り過ぎに注意するようにしましょう。

(c)歯科医院で治療する

早く治したいという人は、歯科医院で治療するのがおすすめです。

歯科医院では知覚過敏用コーティング剤を塗る方法、エナメル質が削れている部分に樹脂を詰める方法、レーザーを照射し象牙細管を封鎖して、歯の神経に伝わる刺激を防ぐ方法があります。


いかがでしたか。今回は知覚過敏の原因と治し方についてご紹介しました。

知覚過敏の原因が噛み合わせや歯周病である場合は、根本的な原因を治療で改善していくことも必要です。

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

編集部追記

今回のコラムでは、知覚過敏の原因と治療する方法として、「ケアを大切にし、悪化する前に歯医者へ行きましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「知覚過敏(象牙質知覚過敏症)」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

15128rewrite

「歯がしみる!」自覚症状がある人は約7割も!

知覚過敏は、歯のエナメル質の内側にある“象牙質”と呼ばれる歯のやわらかい部分の露出によって引き起こされます。

冷たいものや歯のブラッシングの際に、「キーンとしみる!」といった経験をしたことはありませんか? それは知覚過敏症状かもしれません!

実は日本人の約7割がこの症状を自覚しているそうです。しかし一時的な痛みであるためか、そのまま放置する人がほとんどだそうです。

放っておくと危険!

3人に1人が知覚過敏症だと言われる現代、放置しておくと、むし歯歯周病に至るケースもあるそうです。

痛む歯をかばおうと反対側の歯で噛むことにより、噛み合わせの悪化や体の歪み・肩こりや腰痛を引き起こす恐れもあるようです。

知覚過敏にはこんな原因も!

前述のように、主な知覚過敏の原因として“間違ったブラッシング”“酸”“歯ぎしりや噛み合わせが悪い”“歯周病”が挙げられますが、他にも原因があるようなのでご紹介していきます。

歯磨き粉

歯磨き粉に含まれる”研磨剤”によってエナメル質を傷つけてしまう可能性もあります。

もちろん、普段の使用程度では問題ないようですが、“長期間にわたり、大量に歯磨き粉をつけて歯を磨く習慣がある”方は注意した方がいいかもしれません。

ホワイトニング

最近よく耳にする“ホワイトニング”ですが、ここで使用する薬剤が歯の細かな隙間から“象牙細管”にわたることにより歯がしみることがあるそうです。

この知覚過敏症状が出た際は、ホワイトニング治療を数日間休む場合もあるので、早めに医師に相談してください。

歯科医での治療後

治療後に行なわれる歯石除去によって、覆われた象牙質が露出し歯がしみる知覚過敏の症状がでる方も多いようです。

「なら歯石は残したおいた方が良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、歯石は虫歯や歯周病の原因になるので早めにとることが必要です。


痛みを感じてからでは手遅れになるケースも多いようです。その前に歯科医での定期的な健診を習慣づけていきたいですね!

知覚過敏の治療法

薬を塗り込む

薬剤は歯医者によって異なるようですが、歯がしみる部分に薬を塗り何度か繰り返すことで治っていくようです。

コーティング剤で保護

しみる歯の表面にコーティング剤を塗り症状を軽減させます。剥がれ落ち、しみるようなら再度塗るを繰り返し行なわれるようです。

レーザーを使用

しみる歯にレーザーを当てることによって、神経を安静にさせる作用があります。また、歯の表面を硬くする効果もあるため、知覚過敏症の痛みが軽減されるようです。

プラスチックで補給

歯の根元が削れてしみる場合は、プラスチックを詰めることで、しみるのを改善させます。歯が磨きやすくなるメリットもあるようです。

マウスピースで歯をカバー

『ナイトガード(マウスピース)』という歯をカバーする器具を使用し、歯ぎしりによるエナメル質、歯周組織の破壊を防ぐ治療もあるようです。

意識して治すことがなかなか難しい場合は、マウスピースで歯を守る方法を試してみてもいいかもしれません。

歯の神経を抜く

知覚過敏の症状が強過ぎる場合は神経を取る処置が行なわれるケースもあるようです。

ただ、神経を抜くことはあまり推奨されていないので、状況次第でひどい場合に適用されるようです。

歯茎の移植

歯茎が下がった状態だと、なかなか知覚過敏が改善されないことがあるようです。そこで、歯茎を移植し歯の根元を覆う治療が行なわれるようです。

15128rewrite3

子どもも知覚過敏になるの?

知覚過敏は老若男女問わず、なる可能性があります。

子どもの場合は、“エナメル質・象牙質”がまだ柔らかく、さらに歯髄が外部の刺激に弱いため力任せでゴシゴシ磨いてしまうと大人以上に知覚過敏を引き起こす恐れもあります。

大人よりも少ないのが現状のようですが、油断は禁物です! 小さいときからしっかりと歯のケアをしてあげましょう。

知覚過敏と似ている”歯髄炎”とは

歯髄炎とは、歯髄神経と血管が通っている“歯髄”が何らかの原因によって炎症を起こし、激しい痛みを伴う症状のことを言います。

「歯がズキズキ痛む!」といった場合は、”歯髄炎”か“知覚過敏”が疑われるため、早めに病院で診てもらいましょう!

継続的に痛みを感じる場合は“歯髄炎”の可能性が高いようですが、病院では問診・視診のほか、“温度診”“打診”が行なわれ、歯髄炎が疑われる場合は歯髄の状況に合わせて治療が行なわれます。

ー原因と治療法

歯髄炎の原因として、以下が挙げられます。

・虫歯(細菌感染)
・外傷(歯の打撲、損傷)
・虫歯治療時の刺激

多くの歯髄炎は“虫歯菌”によって引き起こされます。

症状が軽い場合は、治療し完治する場合も多少あるようですが、症状が進行している場合は神経を抜く“抜髄”処置が行なわれます。

ー自宅でできる痛み軽減法

・痛み止めを飲む
……ロキソニンやバファリンなどの市販薬を飲んで痛みを和らげてください。
・歯を冷やす
……痛みの原因となる血液の流れを少なくさせるために、頬側から歯髄炎を起こしている歯を冷やしてください。
・噛まないように安静に
……炎症が歯髄だけでなく歯の周りにある歯根膜(しこんまく)まで広がっている場合は、噛むと痛みが出てしまいます。

そのため刺激を与えないように、安静にし食事も負担のかからない高カロリーゼリーなどをとるようにしてください。

知覚過敏と似ている“虫歯”との違い

“歯がしみる”といっても、それが虫歯なのか知覚過敏なのか、よくわからない方がほとんどだと思います。そこで簡単にできるチェック方法をご紹介していきます。

虫歯との見分け方

【知覚過敏】
・冷たいor熱いものにしみる
・一時的な痛み
・歯を刺激しても痛くない
・甘いものにしみる
・左右の前から3、4、5番目に起きやすい

【虫歯】
・冷たいor熱いものにしみる
・慢性的な痛み
・歯を刺激すると“ズキズキ”響くように痛む
・甘いものにしみる
・全ての歯が個人差によって対象

あくまでも目安なので、痛みがひどく前に早めに専門医に診てもらいましょう!

15128rewrite2

知覚過敏かも?と思ったらセルフチェック!

・冷たいor熱い飲み物や食べ物が歯にしみる
・甘いもの酸っぱいものが歯にしみる
・歯磨きのとき歯ブラシを当てると痛い
・冷たい風が当たったとき歯にしみる
・歯肉が下がって歯の根元が露出しているように見える
・歯ぎしりをしている
・無意識によく歯を食いしばっている
・長時間ではなく、一時的な痛みですぐに治まる

など……いかがでしたか? 1つでも当てはまれば知覚過敏を疑ってみてください。

自宅でできる知覚過敏ケア

ブラッシング圧

エナメル質を傷つけないよう優しく丁寧に! 歯ブラシの硬さは“普通以下をおすすめします。毛先が多少しなる程度の力加減で磨くよう意識してみましょう。

キシリトール配合ガム

唾液の中には歯の成分であるミネラルがたくさん含まれています。唾液を多く出すことで、溶けたミネラルを補う手助けをしてくれます。

知覚過敏用の歯磨き粉を使う

硝酸カリウム(カリウムイオン)という薬用成分が露出した象牙質をカバーし、象牙細管へ刺激が伝わらないようにしてくれます。

使用を続ければ“歯がしみる”症状が緩和されることが期待できるようです。

デンタルフロスや歯間ブラシを活用

歯ブラシでゴシゴシ磨くことを控えるためにも、歯と歯の汚れはデンタルフロスや歯間ブラシを使うようにしましょう!

しかし、サイズ選びは重要です。サイズが大きいとエナメル質を傷つけてしまう場合もあるので、少し余裕があるものを選ぶことをおすすめします。


「虫歯との見分け方」や「自宅でできるケア方法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

「痛い!」と異変を感じてからでは遅いことも多いようです。症状が悪化している場合は神経を抜いたり、また抜歯したりと手遅れになってしまいます。

大切なのは歯科医への定期的な検診なようです。3か月〜半年に1度が推奨されているようですが、なかなか難しいのが現実。

そこで7月25日の“知覚過敏の日”を目安に最低でも1年に1回は健診に行ってみてはいかがでしょうか?

7月25日は、日本かき氷協会が制定した“かき氷の日”でもあります。日頃の健診ケアで毎年おいしいかき氷を食べれるようにしたいですね!

(パピマミ編集部/笠原)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする