摂りすぎるとキケン? 美容と健康に良くない食べ物5つ

【女性からのご相談】
美容に良い食べ物や栄養素についてはよく聞きますが、食べると良くない食材ってありますか? これだけは注意しておきたいというものがあれば教えてください!

a 美容のために避けた方が良い食材、それは?

こんにちは。美容・健康ライターのHARUNAです。

美しく健康なお肌は、毎日の食事から。それが栄養学の基本です。“キレイになれる食べ物”と聞くと、どのような食材を思い浮かべますか? ビタミン、ミネラル豊富なお野菜や果実を一番に挙げることかと思います。

お肌に良い食べ物があるということは、当然ながらその逆も……。ニキビ、シミ、肌荒れ、老化などのトラブルを引き起こす可能性の高い食べ物と成分もあるのです。それは一体どんな食べ物なのでしょうか?

141030haruna

要注意! 摂りすぎると危険な食材5つ

(1)白い炭水化物

白米や白いパン、うどん、そうめんなどの炭水化物。エネルギー源として毎日の食事に必要なものですが、食べすぎには注意が必要です。白い炭水化物の食べすぎは、体内の『糖化』を引き起こします。糖化は、老化のモトと言われていますので、お肌にも悪影響を与えてしまいますよね。

また、白い炭水化物は、つくられる過程で食物繊維やミネラルが失われています。逆に、雑穀米、玄米、胚芽パン、全粒粉パン、そばなど“黒いもの”を食べるように心がけると、美容効果が高まります。

(2)白砂糖、白砂糖を使ったお菓子

甘くて美味しい白砂糖ですが、食べ過ぎは禁物です。腸内の悪玉菌を活発にして、新陳代謝をダウン。老廃物を溜めやすい体になり、お肌の再生力に悪影響を与えると言われています。甘さを加えたいときには、ハチミツ、てんさい糖、メープルシロップ、黒砂糖などを選ぶようにしましょう。

お料理の甘さをプラスしたいときには、お砂糖ではなくみりんを使うのも効果的です。

(3)マーガリンなどトランス脂肪酸

マーガリン、ショートニングなどに含まれている『トランス脂肪酸』は、美容面だけではなく、健康にも悪影響を及ぼします。アレルギーの悪化や、心臓病のリスクを高める恐れがあります。“ファットブレッド”“加工油”“加工油脂”“食用精製加工油脂”などの表示があるものは食べ過ぎないように。できれば避けた方がいいでしょう。

健康面への悪影響が懸念されるからと、使用禁止になっている欧米諸国もあります。市販のお菓子やパンなどに含まれている場合もあるので、注意してくださいね。

(4)添加物が多い加工品

安値で長持ちするハム・ソーセージ・ベーコンなどの加工肉、ちくわ・かまぼこ・はんぺんなどの練りもの。いくら・すじこ・たらこなどの魚卵には、“発色剤”や“着色料”が使われていることが多いです。

最近では、トマトのリコピンで赤色をつけているものなどもありますが、どれだけ添加物を入れても、“アミノ酸など”という表記になっていたり、表示が義務付けられていないものも。加工品の摂り過ぎにも注意しましょう。

(5)甘味料の多い清涼飲料水

炭酸や濃縮還元の100%ジュースには、甘味料や果実の糖分が多く含まれています。500ml中に、角砂糖が10個以上も含まれているものもあるので、飲みすぎには注意しなければいけません。

ヘルシーな響きがありますが、糖分が高い“ブドウ糖果糖液糖”“果糖ブドウ糖液糖”の表示は避けるようにしましょう。

【参考リンク】
すぐにわかるトランス脂肪酸 | 農林水産省

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする