実は落とし穴だらけ!? 美意識高め女子がカフェで選ぶべきドリンク

こんにちは。ただいまカフェでホッと一息中のハーフモデルSerinaです。

カフェって、気軽に立ち寄れるからこそ、利用する機会も多いですよね。だからこそ、そこで飲むドリンクをちょっと見直してみませんか。

何でもいいときは“体を温めるもの”を!

基本的に温かい飲み物をおすすめします。冷たい飲み物は急激に体を冷やすため、胃腸に負担をかけてしまいます。さらに、基礎代謝を落とし、やせにくい体質を作る原因も“冷え”からくると言われています。寒いわけではないけど、そこまで暑くもないかな……というときなどは、温かい飲み物をチョイスするといいですね。

ちなみに、氷を入れると約0度まで下がります。極力体を冷やしたくないSerinaはお水を頼む際にも、なるべく「氷なし」でお願いしています。

141029serina

アイスコーヒーよりアイスティー

おすすめは、紅茶やハーブティーです。「ホットコーヒーでもいいのでは?」と思われるかもしれませんが、実はコーヒーに含まれる『カフェイン』には、体を冷やす働きがあるのです。紅茶にもカフェインは含まれます。しかし、紅茶は他のお茶と違い、完全発酵させています。発酵食品は血流を良くし、体を温める効果があるとされています。

アイスで頼む場合も、アイスコーヒーよりもアイスティーを選びましょう。

抹茶ラテよりほうじ茶ラテ

コーヒーと同じく緑茶や抹茶も体を冷やします。逆に、烏龍茶やほうじ茶は体を温めてくれます。特にほうじ茶はハーブティー同様、カフェインレスなので、子どもや妊婦さんでも安心ですね。

ジンジャー(ショウガ)入りよりココア

ジンジャー(ショウガ)はすでに女子からの支持率高めですよね。乾燥または加熱したショウガに含まれる『ショウガオール』は体を温め、体のエネルギー消費を高めてくれる作用があります。

ところが、ある大手製菓会社がショウガとココアを比較し、冷え性を抑制する効果を検証したところ、ショウガの方が温度上昇の立ち上がりが速く、上昇程度が高いものの、急速に温度低下が始まるのに対し、ココアの方が温度の低下が緩やかで体温の持続性が高いことが確認できたそうです。

つまり、すぐに暖まりたいときはショウガ入りドリンクを、暖かさを持続させたい場合はココアを飲むといいですね。また、シナモンにも体を温める作用があるので取り入れてみてください。

シロップ抜きで冷えもカロリーもカット

白砂糖や人工甘味シロップも体を冷やす原因となってしまいます。あまーいフラペチーノなどはホイップもソースもたっぷりかかって、その上シロップも入れて作ってあります。思い切って、「シロップ抜き」で頼んでみては? カロリーカットにもなっていいですよ。

「やっぱりちょっと甘さが欲しいな」というときは、代わりにハチミツを足すのがおすすめです。ミネラル豊富な黒糖やメイプルシロップもいいですね。

ソイミルク(豆乳)はダイエットの味方……ではない!?

カロリーと言えば、最近ミルクよりあえて豆乳をチョイスする女子も多いようですが、実はカフェで使われている豆乳のほとんどが“調整豆乳”ということは知っていましたか?

豆乳には、確かにイソフラボンなど女子に嬉しい成分が豊富ですが、無調整豆乳と違って、砂糖・塩・食用植物油脂などが添加されている調製豆乳は、ミルクよりもかえってカロリーが高いのです。カロリーカットを目的として選ぶならば、豆乳よりもむしろ“ローファット”または“ノンファットミルク”にするといいですね。

最高品質ルイボスティーのご紹介

¥1,375
当製品は高品質で濃厚でありながらスッキリとした飲みやすい味が特徴で、1パックあたりのグラム数も5gと多くオーガニック商品で妊活中、妊婦さん、産後のママさんにも安心して飲んで頂けます。

いかがでしたか。今度カフェに行ったとき、選ぶ際の参考になれば嬉しいです。Serinaでした。

【参考文献】
・『医者に寿命を縮められてはいけない』石原結實・著

●ライター/Serina(モデル兼ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする