食べ物の好き嫌いが激しい子どもに効果的なしつけ2パターン

【ママからのご相談】
子供の好き嫌いで悩んでいます。いま4歳と5歳の子なんですけど、お菓子はいくらでも食べるくせに、食事の好き嫌いが多くてイライラしちゃいます。旦那も好き嫌いが多いので、もしかしたらマネしてるのかもしれません。みじん切りにしたり、いろいろ工夫して料理してますけど、味に敏感で気付くともう食べてくれません。でも、旦那も残すくせに子供だけ叱るのも矛盾してしまうような気がして……こういった場合、どうしたらいいですか?

a 好き嫌いに効果的な、2通りの方法をご紹介します。

好き嫌いへの対処法や考え方は、親御さんによっても異なると思います。2つの方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

130406rui

「甘やかしたくない!」という方へ

実は子供の味覚は、成長の過程で顕著に変わってきます。その理由の1つは、体内に満ち足りている栄養よりも、普段消費しやすい栄養を合理的に摂れる物を好む傾向にあるからなんです。野菜や米といった食べ物よりも、少量でカロリーが豊富に摂取できるお菓子などを好むのは、そのせいもあるのかもしれませんね。

こうした事から、嫌いな物を無理やり食べさせ続ける事にメリットがあるとは言い難いです。

嫌いな物を、「残しちゃダメ」と無理に食べさせた事で、その食物に対してトラウマが残ってしまう可能性もありますし、無理強いした物を好きになる可能性は低いです。また、食べないからといって栄養面で心配する必要はまず無いと考えて良いと思います。

「好き嫌いで甘やかしたくない」という方は、もし嫌いな物が出たら、「一口だけ食べる」というルールを子供と約束してみましょう。一口だけ、というルールなら、案外子供も食べてくれます。食べたら思いきり褒めてあげて下さいね。

嫌いな物でも、ひと口だけ食べる事で定期的に味を知り、やがて食べれるようになる日が来たりしますよ。

「厳しすぎるしつけは可哀相!」という方へ

嫌いな物を全く食べなくても無理強いしたくないという親御さんもいらっしゃいますが、「食わず嫌い」だけは失くしてあげたいものです。全く食べないまま味を知らないのは勿体ないですし、ほんの少量でも食べることで、美味しく感じる瞬間があるかもしれません。

質問者さんの場合は旦那さんも好き嫌いが多いという事で、上記に挙げたようなルールをお子さんと旦那さんの両方に約束してみるのも良いかもしれません。もしも無理なようでしたら、それを逆手に取り、「パパは食べれないのに○○ちゃんは凄いね!」と競争意識を刺激してあげるのも良いかもしれませんね。

また、お子さんの嫌いな物が野菜なら、敢えて一緒に嫌いな野菜を育ててみるという方法も効果が期待できますよ。一緒に嫌いな食材を使って料理をするのも、食材に対する見方が変わるうえに親子のスキンシップにも役立ちます。


子供の将来を思うと、嫌いな食べ物はなるべく減らしてあげたいですが、それよりも、好き嫌いを意識するあまり食卓がギスギスしてしまう事のほうが問題です。

嫌いな物も、「まずは一口だけ」を第一歩に、大らかな気持ちで食事を楽しむ事で、お子さん達も食事に対するプラスの意識が高まって、食材に対する考え方が変わっていきますよ。

【関連コラム】
子供の野菜嫌いを克服するコツ
野菜を食べない子供への対処法
吐き出すほどの子供の好き嫌いを克服する方法

●ライター/*RUI*(マルチクリエイター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (25)
  • うーん (14)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする