貯蓄志向だからこそ! 効率のよい医療保険選びのポイント4つ

【男性からのご相談】
医療保険の加入を検討していますが、高額療養費制度について新聞で読み、月に8万程度が医療費負担の上限であれば、3か月入院したとしても、24万円程度貯金ができていれば保険はいらないのではないかと考えているのですが、実際どうなのでしょうか?

a 限られた予算で適切な医療保険を選びましょう。

ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの常磐麗奈です。

医療保険加入のメリットと入院のリスク』において、相談者様のように貯蓄志向の方であれば、終身医療保険の基本保障日額5000円、先進医療特約、がん診断給付金特約(がん保険に加入していない場合)を終身払いで備えるのがよいと結論を申し上げました。

その根拠についてこれからご説明申し上げます。

141029tokiwa

限られた予算で効率のよい医療保険選びのポイント4つ

(1)なぜ終身保険を終身払いか

保険料が安いので見直しがしやすい、見直ししない場合も高齢になっても払い続けることが可能な額だからです。

(2)なぜ日額5000円か

医療保険は、入院給付日額の金額で保険料が決まります。給付金の額が上がれば保険料も上がります。

限られた予算でケガや病気に備えるなら、入院給付金額を抑え、オプションでがん診断一時金を付加するなど、罹患率が高く、保険外診療による治療の選択肢が多いがんへの備えに資金を回すことをおすすめします。

(3)なぜ先進医療特約か

先進医療というと、がん治療のイメージが強いですよね。

ところが、例えば、白内障の手術で、遠近両方の視力回復が可能となる『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』は先進医療にあたり、先進医療特約の給付対象となります。よって先進医療特約はがん保険ではなく、医療保険につけたほうがよいでしょう。

注意点として、手術を受ける前に給付を受けられる手術か、保険会社に必ず確認してください。

(4)なぜがん診断給付金特約か

がん診断給付金をおすすめするのは、がんと診断確定したときにまとまったお金が給付されることで、保険診療外の高額な治療費や、通院費など何にでも使えるからです。

しかし、がん治療給付金特約など、名称は似ていますが受給要件にあった診療の開始が決まらないとお金が出ないなど、給付条件が違うのでよく確認する必要があります。


いかがでしたでしょうか。

断定的な意見ではありますが、限られた予算で、効率よく保険に加入したいとお考えの方におすすめのポイントをご紹介しました。

先行きの病気のことを心配し出すと、あれもこれもオプションに加入しなければいけないような気になってきますが、全てを保障で賄おうとしないで、自分に必要なものを見極めて加入するようにしてくださいね。

【参考リンク】
先進医療の概要について | 厚生労働省

【関連コラム】
医療保険加入のメリットと入院のリスク
医療保険は本当に必要? 「高額療養費制度」と「傷病手当金」の知識
高額療養費制度とは? 会社員は医療保険が必要ないケースも

●ライター/常磐麗奈(ファイナンシャルプランナー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする