早期治療が大切! PTSDになる原因と主な症状3つ

こんにちは、スチューデントドクターのひでくらてすです。

『PTSD/Post Traumatic Stress Disorder』は日本語では『外傷後ストレス障害』と訳します。大きな自然災害や事故などが起きたときにしばしば問題となる精神疾患です。みなさんも一度は聞かれたことがあるかもしれません。

精神疾患は、ケガや他の臓器疾患などと異なり、周囲に理解されにくい場合が多々あります。これを機に、少しでもこういった病気の理解を深めていただければと思います。

141029hide

PTSDとは?

PTSDは“極めて強烈なストレス”を経験した後に、数週〜数か月の潜伏期間を経て発症します。

PTSDの原因として以下のようなものが知られています。

・自然災害
・事故
・性的暴行
・拷問
・戦闘体験
・監禁、人質
・虐待
・災害救援活動中のトラウマ体験

など。

PTSDの主な症状は?

PTSDの主な症状は再体験、回避・精神麻痺、過覚醒の3つです。

(1)再体験

いわゆる“フラッシュバック”です。思い出したくもないのに、そのときに引き戻されたかのような感覚がよみがえってくることを言います。

(2)回避・精神麻痺

“回避”とは出来事が起きた場所や出来事を思い出させるようなものを避けることです。また、“精神麻痺”とは愛情や幸福感といった感情が薄まったように感じることです。

(3)過覚醒

寝付きが悪い、集中力の低下、物音などに過剰に反応します。

PTSDの治療

PTSDの治療は早期に介入することが重要になります。PTSDが、“異常な事態に対する正常な反応である”ことを患者が認識することや日常の生活リズムを取り戻すことが大切です。

睡眠不足などがある場合は睡眠薬を使用したり、時には薬物療法や認知行動療法といった治療も用いられます。


PTSDは事故や災害など、企図せずして誰にでも起こる可能性があります。患者自身が病気を自覚することも重要ですが、それ以上に社会復帰や元の生活を取り戻すために家族や周囲の理解がとても大切です。

【参考リンク】
PTSD | 厚生労働省

●ライター/ひでくらてす(スチューデントドクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする