和食が健康に良い理由3つ

こんにちは。国際中医薬膳師の坂本雅代です。

昨年、ユネスコ無形文化遺産に登録された『和食』。当たり前のように身近にありますが、今や世界に誇るジャパンコンテンツのひとつです。

今日は、世界中が注目する和食の素晴らしさを改めておさらいしたいと思います。

140901sakamoto

和食のメリット3つ

海外で日本食が注目されたのは、健康に良いという点です。和食には次のようなメリットがあります。

(1)主食、主菜、副菜が揃っていて栄養バランスが良い

理想的な献立としてよく聞く言葉が、“一汁三菜”。これにご飯と漬物が加わり、日本の伝統的な献立となります。

汁は野菜や海産物、豆腐などが入った味噌汁や潮汁、漬物は塩漬けや糠を使った糠漬け。三菜はご飯を美味しく食べるための副菜で、こうして考えると数多くの品目を取っていることに気づきます。また、汁物は食べ過ぎを防ぐことができるメリットもあります。

(2)低脂肪、低カロリー

伝統的な和食は、米を中心とする穀類、野菜、魚介類と海藻が主な食材。

脂肪分といえば、魚介類の良質な油を摂ってきました。肉食文化が強い欧米に比べると脂肪分が少なく、カロリーが低い食事が多いのも和食の魅力のひとつです。

(3)素材の良さを生かした薄口の味付け

和食の美味しさのひとつに、“旨味”があります。昆布や鰹節でとった出汁を使い、煮物や汁物、様々な料理に活用されますが、奥行きのある味を生むだけでなく、使う調味料を減らせるというメリットもあります。

身土不二

四季に恵まれた日本には季節に応じた旬の食べ物、東西に延びた自然豊かな土地にそれぞれの特産物があります。薬膳に身土不二という言葉がありますが、生まれ育った土地に実った食物を食べる事で、健康を保つことができるという考え方を指します。

寒冷な北日本では体を温める食材が、温暖な南日本では体を冷やす食材が地域の特産物となっているものが多くあります。また、厳しい冬の間に食べ物を保存する技術が発達した東北では塩の使用が多く、西南では高温多湿な夏季の気候のもとで食材の腐敗を防止するために酢の使用が多いのも、それぞれの土地に合った知恵のひとつと言えます。


食の安全が問題になる中、最近は地産地消に対する関心も高まっています。今では各国の様々な料理を楽しめますが、諸外国がこぞって注目する和食の魅力をぜひ見直してみてください。

【参考リンク】
我が国の食文化 | 農林水産省

●ライター/坂本雅代(国際中医薬膳師)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (96)
  • うーん (74)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする