毎月いくら? 子どもにあげるお小遣いについての考え方

【ママからのご相談】
わが家では、夫と私の話で子どもたちに決まった額のお小遣いを渡していません。でも、最近5年生の息子が、毎日お友達と遊ぶ際に、「お金ちょうだい」と言ってきたり、「決まったお小遣いが欲しい」と言ってきたりするようになりました。ママ友に聞いても対応はまちまちで、どうしたらいいか困っています。何かいい方法はないでしょうか?

a 家庭は、“お金”について学ぶ最初の場所です!

ご相談ありがとうございます。家族を笑顔にする教師&6人の子育てパパ・荒川茂樹です。

相談者さんの息子さんも友達とのかかわりが増える中で、世界が大きく広がってきているようですね。友達が何か買っているのに、自分だけ買えないというのは、子どもにとってもつらいことなのでしょうね。

家庭は、世の中に出る前の一番小さな社会です。この小さな社会で子どもは多くのことを学びます。その中に、“お金”に関することも入れてみませんか?

今回は、“お小遣い”という観点だけでなく、子どもに“家庭とのかかわりにおけるお金”“お金の使い方”という、ちょっと広い視点で子育てについて考えるきっかけをご紹介したいと思います。

141027arakawa

家庭にあるのは仕事! その対価としてあるのが“お金”!

「買い物に行ってきたから、お金ちょうだい!」
「お風呂掃除したから、今日は100円もらえる」

知り合いの家の子どもから、そんな言葉を聞きました。何でもかんでもお金をもらうという視点の子どもの考え方がちょっぴり悲しくなりました。

家庭には、様々な仕事があります。掃除、洗濯、食事の準備や片付け、買い物、ゴミ捨てなどなど。お子さんには、どんな家庭内の役割がありますか?

役割を日々責任持って行うことで、子ども一人ひとりに家族に対する所属感を高めることができます。成長の過程に応じて、家庭内でできる仕事を選択させ、日々実行させることをお勧めします。小さいうちから自分が家族のために役立つ気持ちを持たせることは、小さな社会とは言え、責任感を高め、大人になってから社会に出ても粘り強く仕事に取り組む大きなもとにもなっていきます。

そこで、わが家で取り入れているユニークな方法を1つご紹介します。それは、“お金”を仕事に対する報酬という形で絡めていくというスタイルです。

わが家は、毎月末に、お小遣い会議を開いています。そこで、仕事に対する取り組み具合を子どもから聞き、お給料である“お金”を渡しています。そうすると、子どものお金に対する思いは、ただのお小遣いではなく、「社会に出ている大人と同じように、自分が稼いだお金」という意識にまで高まっていくのです。

子どもがよく使う“お手伝い”は、心の表れです。素敵な優しい心を示してくれたら、“ありがとう”と感謝の言葉を述べてください。心には心で返す。素敵な報酬ですよね。

お金に対する家庭の考え方をしっかり持ちましょう

相談者の方の、「お小遣いは毎月決まった額は子どもに渡さない」という旦那さんと話をしたことで決められた点は、とても素晴らしいことだと思います。それを知りつつも、「お小遣いがほしい」と自分の気持ちを伝えてきた息子さんも素敵ですね。ここがいい機会。家族でお小遣いについて話し合う場をとってはいかがでしょうか。安藤哲也さんの著書『パパの危機管理ハンドブック』にも、子どもへのお金の価値や使い方に関する“お金の教育”の重要性について書いてあります。

普段の生活の中で、なかなかお金について子どもと話すことは少ないことでしょう。また、日本の教育の中で、金銭に関する教育はほとんど存在していません。だからこそ、その基盤となる教育は、家庭に大きく委ねられているのではないでしょうか。

お子さんと話をする中で、お子さんの思いを受け止めつつも、お金と仕事の関係、家庭にある責任、お金の上手な使い方などを話題にし、“お金”に対するお子さんの意識を高めていくことも大事なしつけになります。

また、お小遣いや家庭内の仕事を通して、家族みんなでのいいコミュニケーションのきっかけにもなります。


この機会に、ご夫婦のお小遣いに対する考え方をしっかりと話し合い、それをもとにお子さんを交えて、ぜひ素敵なお小遣い会議が開かれることを願っています。

【参考文献】
・『パパの危機管理ハンドブック』安藤哲也・著

【関連コラム】
子どもに教えたい“電子マネー”の使い方3つ
“お金の大切さ”を教えるお小遣い制度のポイント5つ
子供の“お小遣い”を活用してお金の教育をする方法3つ

●ライター/荒川茂樹(プロ学習講師)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする