産後に発症することも!? 大人アトピーになる原因と対策

【ママからのご相談】
最近、体のアチコチが少し赤く乾燥したようなかゆみがあります。特に首とかがガサガサしているのが見てもわかるのですが、これってアトピーですか? 見た目がそんな感じなんですが、今までアトピーになったことはありません。大人になってからアトピーが出ることもあるのでしょうか? 2か月前に出産したのですが、何か関係あるのでしょうか? 子どもはきれいな肌です。

a 環境の変化やストレスなどで大人アトピーに。

こんにちは。健康管理士のSAYURIです。

ご相談ありがとうございます。今ではすっかり完治しましたが、実は私もアトピー性皮膚炎の経験者です。女性は特に見た目の変化に大きなストレスを感じますし、かゆみもかなりつらいものですよね。

お子さんを生んだばかりとのことなので、ホルモンのバランスの変化に加え、環境の変化やストレスが原因で、お肌の免疫に異常が起き、アトピー性皮膚炎を発症した可能性があるように思います。

141023sayuri01

大人アトピーの原因4つ

(1)環境の変化

引っ越しや結婚、出産、就職などの環境の変化はうれしいことだからストレスにはならないと思われがちですが、実はこういったことでも体は、「今までと違うぞ!」とストレスを感じてしまいます。

(2)ストレス

ストレスがたまると、抗ストレスホルモンと呼ばれる『コルチゾール』の分泌が増加します。コルチゾールの分泌が過剰になると、アレルギー性の疾患が発症したり、悪化したりする可能性が高くなります。

(3)不規則な生活

睡眠不足や食事時間の乱れも、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の原因になります。

(4)食事のバランスの乱れや添加物の多い食生活

今回のケースでは当てはまらないかもしれませんが、一人暮らしを始めたりして、外食や加工食品が増えることで発症することもあります。

大人アトピーの対策5つ

(a)規則正しい生活を心掛けましょう

赤ちゃんがいると、なかなかそうもいかないでしょうが、生後2か月であれば、夜中の授乳も減っているでしょうから、できるだけ夜はしっかり睡眠を取るようにしましょう。

(b)バランスの取れた食生活

これは母乳のためにも大切なことです。加工食品を避け、簡単な料理でも主食、主菜、副菜、汁物といった一汁三菜を心掛けましょう。

(c)ストレスを上手くコントロールしましょう

「子育て中だから」とアレもコレも我慢するのはストレスを大きくするだけです。家族に協力を依頼して、自分の時間を少しでも作るなど、できるだけストレスをためないようにしましょう。

(d)風呂に入ってかゆみが増すようならビタミンCを!

これは口から摂取するのではなく、浴槽にためたお湯にビタミンCを入れると入浴時のチリチリ感やかゆみが治まります。

(e)しっかり保湿しましょう

アトピー性皮膚炎の人はお肌の保湿成分セラミドがかなり不足している状態だと言われているので、患部をしつこいくらい保湿してあげましょう。

アトピー性皮膚炎のおススメ食材

上記のように、アトピー性皮膚の原因はさまざまなので、「これを食べれば必ず治る!」といったものではありませんが、栄養学から見て効果を望めそうなのが、オメガ3系脂肪酸。サバやイワシなどの青魚に多く含まれるEPAやDHA。お魚が苦手であればクルミなどにも多く含まれています。

その他に、セラミドを多く含む生芋こんにゃくや、今の時期ならみかんや柿やレンコンなどのビタミンCを多く含むもの。亜鉛を多く含む牡蠣や、鉄分を多く含む小松菜やレバー、味噌やお漬物などの発酵食品を毎日しっかり摂ることも大切でしょう。

【関連コラム】
冬でも熱中症が心配! 汗をかきにくいアトピーの子どもへの改善策
妊娠中からできる子供のアトピー予防
“痒み”と“痛み”の違いとは?

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする