飛蚊症は怖くナイ? 視界に“黒い点が見える”原因と対策

こんにちは。健康・美容ライターのMAKIです。

視界に小さなゴミのような小さな黒い点が見え、目をこすっても消えない、目の動きとともにその黒い点も移動しているというような場合は『飛蚊症』の可能性があります。

今回は飛蚊症が起こるメカニズムや原因、改善方法についてご紹介します。

飛蚊症には種類がある

141022maki

視界に小さなゴミや虫が飛んでいるように見える症状を飛蚊症といいます。

飛蚊症には大きく分けて、『生理的飛蚊症』『病的飛蚊症』の2種類があります。

飛蚊症の多くは加齢が原因で心配の要らない『生理的飛蚊症』ですが、中には網膜裂孔や網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などの重大な目の病気が隠されている『病的飛蚊症』の場合があります。

飛蚊症の起こるメカニズム

161012hibunsyou1

(1)生理的飛蚊症の起こるメカニズム

生理的飛蚊症は、加齢に伴って目の硝子体の水分が濁ってくることで起こります。

若いときには硝子体の水分は透明で濁りがないのですが、年齢とともに濁りが出てきて、硝子体の繊維と濁った水分が分離してしまうのです。

これが進行すると、眼球の内側から硝子体が剥がれて後部硝子体剥離を起こします。そして、分離した繊維が硝子体の内壁にふわりと浮いてきます。

これが飛蚊症で黒いゴミが見える原因なのです。硝子体剥離の段階では病気ではありません。

しかし、人によっては網膜裂孔や網膜剥離を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

(2)病的飛蚊症の起こるメカニズム

飛蚊症で注意しなければならないのは、何かしらの病気が隠されているケース。ここでは、飛蚊症の原因となる病気の代表的なものをご紹介します。

>硝子体出血

目の中の硝子体に出血が発生し、これが飛蚊症として自覚されるのが硝子体出血。

この出血は、高血圧糖尿病が原因で発生することがあります。

出血が続くと、視界の影が次第に濃くなっていくなどの影響が出てきます。

>網膜裂孔、網膜剥離

網膜の一部に裂け目や穴があくことがあり、これを網膜裂孔と言います。

この網膜裂孔の周囲からさらに網膜がはがれ、硝子体の中に浮き上がってしまう状態を網膜剥離と言います。

これらの初期症状として飛蚊症が現れることがあり、症状が進むと視野欠損や失明の恐れもあります。

>ぶどう膜炎

かすみ目や充血、時には傷みを伴うこともあり、失明の恐れもある病気です。

目の中に炎症を生じる病気を総称してぶどう膜炎と呼ばれ、飛蚊症が現れることもあります。

診断が非常に難しい眼の病気のひとつとされ、患者の3人に1人は原因が不明で適切な治療をすることが困難なこともあるようです。

飛蚊症になりやすい人の特徴

160622hibunsyou3

年齢や性別に関わらず、誰でもかかる可能性のある飛蚊症ですが、なかでも妊婦さんに起こりやすいという話があります。

これは妊娠するとレンズの調整機能が低下すると言われているためですが、具体的な因果関係は分かっていないようです。

この他、強度近視の人は眼球の長さが普通の人よりも長くなっていることが多く、網膜が引っ張られることで内部の硝子体に負担がかかり、飛蚊症の症状が現れやすくなるようです。

生理的飛蚊症か病的飛蚊症かを見分ける検査法

160622hibunsyou4

飛蚊症が生理的なものなのか、それとも病的なものなのか、症状から自分で判断することは困難です。

これを見分けるために重要な検査が、精密な“眼底検査”

検眼鏡を使い、瞳孔から眼球の奥にある網膜までの状態を調べることで、隠れた病状を発見することができます。

飛蚊症を防ぐための対策

160622hibunsyou5

網膜を通して紫外線が目の中に入ると、硝子体に活性酸素が発生し、内部が酸化します。これが続くことで組織が変質を起こし飛蚊症が起きるのです。

そのため、日差しの強い日に外出する際には、目を守るためにサングラスを着用することが大切です。

また、テレビ画面やパソコン・スマホ画面からも紫外線は発生しているため、見る時間を減らすことで硝子体内に活性酸素が発生することを抑えることができます。

飛蚊症の改善方法

161012hibunsyou2

飛蚊症の症状は残念ながら改善することはできません。

特に生理的飛蚊症の場合は、日本眼科学会の見解でも基本的には治療を必要としないという方向で定まっています。

生理的飛蚊症の場合は硝子体の水分の濁りが自然になくなったり、溶けて透明になることで飛蚊症が気にならなくなることがありますし、自然に消えてもまた出てくる場合もありますので、定期的に眼科を受診するなどして経過観察をするのがおすすめです。

治療できないとなると、「なんとかしたい!」と目薬やサプリメントを試したくなる人もおられますが、眼科学会をはじめ眼科医のあいだでもそういったもので治ることはまずないと言われているので、宣伝文句に踊らされないようにしたいですね。

ただし、検査をして網膜剥離などの病気が潜んでいた場合は、失明を防ぐためにも隠れていた病気の治療を行うことが先決となります。

病的なものか生理的なものなのかを検査で調べてもらうためにも、飛蚊症かもしれないと感じたら早めに眼科を受診しましょう。

まとめ

「飛蚊症になりやすい人の特徴」や「予防法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

飛蚊症の症状を自覚したからといって必ずしも重大な問題があるというわけではありませんが、重篤な疾患で見られる症状のひとつであることは間違いありません。

特に、突然症状が現れたという場合には、早急に眼科を受診することが望ましいと言えます。

生活を脅かしかねない“目”の病気だけに、定期的に診察を受けることも必要かもしれませんね。

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)
●追記/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする