子供が自分で考えて行動できる人になる“お手伝い”のポイント3つ

【ママからのご相談】
小学校4年生の男の子がいるのですが、何でも人に聞いて自分で考えようとしないので、子どものこれからが不安です。うまく自分で考えて行動できるようになってもらいたいのですが、どうやったらよいかわかりません。

昔から子どもに手を出しすぎたせいなのかもしれませんが、何かいいアドバイスがあれば教えてください。

a お手伝いで自発的な行動を身につけよう!

ご相談ありがとうございます。育児書コンシェルジュの三尾です。

親としては子どもが自発的に行動してほしいと思ってしまいますが、現実はなかなか動いてくれないですよね。私もそうですが、ついついイライラして怒ってしまったり、注意してしまうことがあるのではないかと思います。

また、子どもが動く前に親が先に手を出してしまうケースもありますが、それはあまりオススメできません。

自分で行動して成功すれば、成功体験としていい経験になりますし、逆に失敗したとしても、次は失敗しないように考えて行動できるようになるからです。親が手を出しすぎると失敗経験がなく、打たれ弱い子どもになる恐れがありますので注意が必要です。

さて、そんな子どもに自発的に動いてもらうための方法の一つとして、お手伝いをしてもらうことがオススメです。

高濱正伸さんの著書、『わが子を「メシが食える大人」に育てる』には、お手伝いが有効であることが書かれています。この“メシが食える大人”というのは自分で考え行動できる子どものことです。その内容もふまえてポイントを3つご紹介しますので、参考にしてみてください。

141020mio01

子どもが自分で考えて行動できるようになる! お手伝いのポイント3つ

(1)任せてみる

子どもにやり方を教えたら、まず任せてみることをオススメします。

子どもなりに自分でやって達成感が生まれますし、やったらしっかり褒めてあげると、親に喜ばれたという気持ちがモチベーションにつながります。また誰かのために何かをするということは、思いやる力も身につけることができますね。

(2)すぐに手を出さないこと

注意するのは、イライラして手を出さないこと。子どもに任せたらしっかりと任せて、どうしても気になるところはアドバイスしてあげるといいですね。

わが家では、お風呂掃除やゴミ捨ては子どもに任せていますが、すべて任せてしまうことで、「ここはこうしてみよう」と工夫することもあります。そのように自分で考え、工夫する力も身につきます。

(3)ちゃんと続けさせる

お手伝いをやらせたら、ちゃんと子どもに続けさせることも大事です。

ちょっと用事があるからできない、という話であれば、やってあげるのではなく、「じゃ、お手伝いはどうするの?」と子どもに考えさせてみるといいです。例えば、「代わりに洗濯するよ」「違う日にちゃんとやる」など、子どもから代替案が出てくると、自分の仕事に責任を持っていると言えます。

何でもワガママを許してしまうことで、子どもの規範意識が崩れるそうなので、そのような親の見逃しの罪が子どもを甘やかすことになってしまうみたいですね。


いかがでしたでしょうか。

お手伝いをしてもらうことが難しいかもしれませんが、お手伝いをしてもらうあたって上記の点を気をつけると、意外に子どもが自発的に行動する場面が増えてくると思いますので、一度試してもらえれば幸いです。

【参考文献】
・『わが子を「メシが食える大人」に育てる』高濱正伸・著

【関連コラム】
子供の自主性を育て“チャレンジ精神”を持たせる方法3つ
つい子供に口出しする“毒親”にならないための心構え3つ
親の育て方によって変わる4つの養育スタイル・子供の成長傾向とは?

●ライター/三尾幸司(育児書コンシェルジュ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする