嫁と仲良く孫を育てるポイント3つ

【女性からのご相談】
2歳の孫を持つ者です。嫁がよく孫を預けてくるのですが、嫁の教育が悪いのか、我慢ができずわがままで、言葉も遅くて困っています。嫁に言うと険悪になるから言えないし、どうしたらいいのでしょうか?

qa_a 孫を預かる時に、嫁とうまくいくための3つのポイント。

相談ありがとうございます。

お孫さんと一緒にいる時間が多いのですね。それはとても幸せなことですね。

わがまま、言葉が遅い、我慢が出来ないなどは、現代の子どもたちにとても多いです。しかし、それはお嫁さんの教育が悪いせいでは決してありません。ご相談者様も、お嫁さんが悪いわけではないのは百も承知でご相談をしていらっしゃったのではないでしょうか?

ご相談者様は、誰にも相談できず、一人で抱えられているのでしょうね。ぜひ、このポイントを知ってお嫁さんとより良い状態を作っていってくださいね。

130801nisimura

我慢ができないのは、安心してくれている証

まず最初に、子どもは「わがままを言える相手」と「そうでない相手」を無意識で選んでいます。それは、安心感や、一度でも自分のわがままを聞いてくれたなどの理由があります。

しかし、それは悪いことではなく、「素の自分を出せる」ということです。まず、そこを知ってからお孫さんに関わってあげると、可愛らしく見えるのではないでしょうか。

子どものことはお嫁さんに相談を

言葉が遅いということなので、お孫さんは言葉で自分の気持ちを表現することが出来ない状態なのだと思います。本当は伝えたいことがあるのだけれど、言葉で伝えられない、そんなジレンマを感じている状態ですね。

時折、そのような行動は問題行動のように見えてしまいます。毎日一緒にいればわかるものですが、細切れに預かる場合、その行動の意味を探るのにとても時間がかかります。

しかし、毎日お孫さんと一緒にいるお嫁さんであれば、行動の理由を知っています。ぜひ、「こういうことがあったんだけど、これってなんだろうね?」と、聞いてみてください。

お嫁さんとしては、自分を頼ってもらえていると感じ、良い雰囲気になるはずです。また、お孫さんの癖などを共有できて、お互いに近くに感じられるきっかけとなると思いますよ。

預かった後は、お子さんの良かったところを伝える

母親とは、自分の子どもの「良かった点」「頑張った点」などを伝えられると、嬉しくなるものです。

ぜひ、一緒にいてできるようになったこと、嬉しかったこと等、良かった点に焦点を当てて伝えてみてください。そうすれば、お嫁さんは自然とご相談者様に心を開いてくれますよ。


嫁、姑の関係は何かと難しいものですよね。ここは、お孫さんを育てるという、共通の目的を共有することで様々な変化が見られると思います。

ぜひ、少しずつでいいので距離を縮めていかれることをオススメします。もしかしたら、お嫁さんは子育ての先輩であるご相談者様のお話を、待っているかもしれませんよ。

●ライター/西村史子(イヤイヤ期専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする