お酒を飲むと顔が赤くなる原因とは?

【女性からのご相談】
お酒を飲んだ後すぐ赤くなります。赤くなってからも特に酔っぱらうわけでもないのですが、友達よりすぐ顔が赤くなってしまいます。「血行がいいからなんじゃないの?」と言われるのですが、本当はどういうことでしょうか?

a 顔が赤くなるのはアセトアルデヒドの仕業。

こんにちは。健康管理士のSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

友達より早く顔が赤くなると、それ自体が恥ずかしかったり、周りからたくさん飲んでいるように見られてしまう気もしますよね。でも、お酒を飲んで赤くなるのはアルコールで血行が良くなっているのではなく、アルコールの分解途中に発生するアセトアルデヒドの毒性によるものです。

140925sayuri-600x421

酵素活性が低いと赤くなりやすい

お酒を飲んで赤くなるのは、アルコールによって血行が良くなっているわけではないと書きましたが、顔が赤くなることをフラッシング、赤くなる人をフラッシャー、赤くならない人をノンフラッシャーと呼びます。

フラッシングの症状は、赤くなる、頬や耳たぶが熱く感じ、脈が速くなったり、ドキドキしたり、ときには頭痛、発汗、めまい、眠けなどを訴えます。フラッシャーにも1杯少量の飲酒で必ずフラッシンングを起こす人から、必ず赤くなるのではなく、相当飲んでから遅れて現れるか、現れても軽度で、ほかの症状を伴わない人までと個人差があります。

アセトアルデヒドの分解能力が低い人はフラッシングを起こしやすいのです。分解能力は各個人の酵素活性(分解を助ける酵素の能力の高低)により決まります。

日本人の半数が不活性型!?

アセトアルデヒドを分解する酵素はアセトアルデヒド脱水素酵素(ALHD)と呼ばれ、いくつか種類があります。その中の1つ、ALDH2の酵素活性に個人差が非常に大きいこと、酵素活性は遺伝的に決まっていることが分かっています。

ALDH2をつくる遺伝子には、お酒に強い、いわゆる分解能力が高いとされるN型と、突然変異で分解能力が低下したD型があります。誰でも両親からいずれか1つずつを受け継ぐので、人間にはNN型、ND型、DD型の3パターンがあることになります。

(1)NN型(活性型)はアセトアルデヒドの分解が速く、たくさん飲める酒豪タイプ
(2)ND型(不活性型)はアルコールに弱く、ほどほどに飲めるタイプ
(3)DD型(失活型)は体質的にアルコールを受けつけない、下戸タイプ

国税庁によると日本人の44%がND型だという事ですので、赤くなることを恥ずかしがる必要もなさそうですね。

女性が男性より、お酒に弱い人が多い理由

女性でも男性よりお酒に強い人もたくさんいますが、女性ホルモンがアルコールの分解酵素の邪魔をするため、女性の方が男性よりも赤くなるのが早かったり、お酒に弱かったりするようです。

【参考リンク】
あなたはお酒が強い人? 弱い人? | 国税庁

【参考文献】
・『暮しと健康 2004年10月号』保健同人社・著

【関連コラム】
“二日酔い”が起こるメカニズムとは?

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (15)
  • うーん (22)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする