歯磨きすると歯茎から出血する原因と予防策

【女性からのご相談】
歯磨きするとよく歯茎から血がでます。なぜでしょうか? 対処法などあれば教えてください。

a 歯茎からの出血は歯周病の可能性大!

こんにちは。健康管理士のSAYURIです。

ご相談ありがとうございます。せっかく歯を磨いてすっきりしたのに、出血で血の味がしたら、嫌な気分になってしまいますよね。それ、歯周病の可能性大です。

何故なら日本人の8割が歯周病とも言われていて、疲れがたまっている時などに雑な歯磨きをして、歯ブラシで歯茎を傷つけたといった場合を除けば、歯茎からの出血はほぼ歯周病と見て間違いないでしょう。

140904sayuri-400x600

歯周病の原因

歯磨き粉のCMか何かで見たことがある人も多いかと思いますが、歯周病の原因、それは口の中の細菌です。では歯周病菌とは何なのでしょうか?

口の中には300~500種類の細菌が住みついています。その中で歯周病を起こすような細菌は限られています。一言に歯周病菌といってもそれは一つの細菌ではありません。歯周病菌は何種類もあるのです。

これらの細菌は嫌気性菌と言われ、空気との接触を嫌う菌です。口の中が不潔な状態になると歯の周りにこれらの細菌が集まり、白や黄色のドロッとした細菌の巣を作ります。この細菌の巣をプラークと言います。歯周病菌は歯の周りでしか生存できないので歯の周りに縄張りを作りたがり、束になって数を増やそうとします。

歯周病菌は細胞膜そのものに毒を持っています。その毒素を内毒素といいます。歯周ポケットに住みついている細菌は全部、内毒素という毒素を持っています。

この毒素は、歯周病菌が構成されている成分そのものなので菌体が死んでも壊れても、その内毒素の毒性は変わることはありません。むしろ細菌が壊れてしまっても、内毒素は小さくなってさらに歯周ポケットの中から私たちの体の中に入り込みやすくなってしまうのです。

そして、その内毒素は熱を上げ、骨を溶かします。さらに私たちの体の免疫を介していろいろな障害に関わってきます。

歯周病の対策

まずは、歯医者さんで歯石や歯垢を除去してもらうことが一番かと思います。

そこで正しいブラッシングの方法を教えてもらい、続けていく事が大切になってきます。この時、炎症を起こしている歯茎から出血することも多く見られるようですが、多くの歯医者さんではブラッシングを続けるように指導されているようです。

食べる物と食べ方を意識して、再発予防!

昔は、「食後10分以内に歯を磨きなさい!」と言われていましたが、実は食後すぐの口の中では細菌が激減していることが分かっています。何故なら食べ物を咀嚼することで大量の唾液が分泌され、口の中の細菌が食べ物と一緒に胃の中に流されてしまうからです。食べ物の残渣(残りかす)という点で見ると食後の口の中では食べかすが増えますが、口内細菌の数の点で見れば口腔内はむしろきれいになります。

だから、口の中をきれいにするには“食後の残渣が残りにくい食べ物を選ぶ”ことと、“良く噛むことが出来て、しっかり唾液を出させる食べ物を選ぶ”ことが大切です。つまり食事こそが口内環境を整えるための第一歩という事になります。

唾液は天然の抗菌剤でもあるのです。1日に1~1.5Lも分泌される唾液は口の中の汚れを洗い流したり、歯周病菌などの増殖を抑えたり、口の中を中性に保って虫歯や歯周病を防ぎます。唾液をよく出すには、よく噛む事が一番です。唾液腺は口や顔の筋肉に連動していますので、噛むと刺激され、分泌が促進されます。

よく噛むのに適しているのは噛み応えのある食品です。セロリやにんじん、たくあん、漬物、さきイカなどがいいでしょう。

次に食べたいのは“繊維が多い”食材です。食物繊維がたっぷり含まれている食品は残渣が残りづらいのです。野菜やキノコなどは残渣が残りにくく、噛んでいる時に歯の表面をかき取る作用があります。また乳酸菌食品を多く取っている人に歯周病が少ない事が報告されています。

昔から日本人が食べてきた糠漬けなどは、繊維質も多く噛みごたえもあり、乳酸菌も含むという素晴らしい食品だと言えるでしょう。

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする