眼精疲労に効く8つの栄養素

【女性からのご相談】
最近、趣味のPCオンラインゲームで知り合った彼とお付き合いを始めました。離れていても一緒にいてもゲーム三昧で楽しいのですが、目の疲れがひどくなりました。でも、ゲームはやめたくないし、目薬が苦手なので、何か目に効く食べ物があれば教えて下さい。ブルーベリーは匂いが苦手です。

a お正月の定番! 黒豆にもアントシアニンがたっぷり!

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。

ご相談ありがとうございます。オンラインゲームはハマってしまう人が多いようですね。

眼精疲労に一番大切なのは、目を休ませること。1時間PC画面を見ていたら、10分は目を休ませるのが一番なのですが、ゲームをしているとそんな事も出来ないでしょうから、今回は食べ物にポイントを絞ってお話しさせて頂きますね。

140107sayur

目に良い栄養素

(1)アントシアニン

“ロドプシン”の再合成を助ける効能があります。ロドプシンとは、目の網膜にある紫色の色素で、ロドプシンに光が当たる事によって生じる信号が脳に送られて、『目が見える』と認識されます。

しかし、ロドプシンは光にあたる事により、ビタミンAに分解され、もう一度ロドプシンに再合成されます。長時間目を酷使し続けると、再合成が間に合わず、ロドプシンは減少していきます。

アントシアニンには、ロドプシンの再合成を促進し、眼精疲労を回復し、視力を改善する働きがあるとされています。アントシアニンは網膜に張り巡らされた毛細血管の保護・強化作用、血液循環を向上させる効果や、角膜・水晶体などに含まれるコラーゲンを安定させる作用もあるようです。

(2)ビタミンA・β‐カロテン

目の粘膜を守って乾燥を防ぎ、網膜や粘膜の新陳代謝を促してくれます。アントシアニンが働きかけるロドプシンは、ビタミンAから作られる為、ビタミンAは「目のビタミン」とも言われています。

脂溶性のビタミンAは過剰摂取の心配がありますが、β‐カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されるので、過剰摂取の心配がありません。

(3)ビタミンB群

目の疲れを回復したり、充血を鎮めてくれます。

(4)ビタミンC

活性酸素の生成を抑制して目の老化を防いでくれます。

(5)ビタミンE

血行を促進し、疲れ目やドライアイの防止をしてくれます。

(6)ルテイン

PC画面からのブルーライトから目を守ってくれます。マリーゴールドの鮮やかな黄色い色素で、サプリメントも出ているようです。アントシアニンとの同時摂取で吸収力がアップすると言われています。

(7)DHA

網膜の主成分でその機能を向上してくれます。

(8)タウリン

目の健康維持、目のダメージを回復してくれます。

おせちで残りがちなお正月料理が実は目にいい!

おせち料理で残りがちな「お煮しめ」には、β‐カロテンが豊富な“人参”やビタミンCが豊富な“レンコン”が。「昆布巻き」に入っている“ニシン”にはDHAやタウリンがたっぷり。「黒豆」にはアントシアニン。そして、「数の子」にはビタミンEが。

あとは、今が旬の「ほうれん草」にもルテインが含まれていますし、「納豆」や「豚肉」でビタミンB群を補ってあげればいいでしょう。特に、お餅を多く食べるこの時期は、ビタミンB群が不足しやすいので意識して摂るといいでしょう。

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする