改善には乳酸菌! 内側から整える花粉症

こんにちは! 年齢と共に健康のことを深く考えるようになった健康アドバイザーのMokoです。やっと長かった冬を終えあたたかくなってきましたね。

春のにおいがすると気分もウキウキしてきますが、たくさんの人がある悩みを抱えています。

それは花粉症です。

自分は花粉には全く関係ないと思っていても、ある日突然花粉症になってしまうということもあり、誰でもなり得る症状のひとつとなっています。

140723moko

日本には花粉症の方が多くいる

現在、日本人の約25%もの人が花粉症に悩まされているといわれており、その数は年々増加傾向になります。

花粉症という名前から花が原因だと思っている人も多いのですが、花ではなく花粉の原因は木々であることが多く、スギやヒノキといった植物の花粉が原因となっています。何度も出てしまうくしゃみや鼻水、涙目や鼻周辺のムズムズ感などのアレルギー症状が出てしまいます。

花粉症の原因となる花粉は日本ではなんと約60種類もあるといわれており、防ぐのは大変です。花粉対策のひとつとしてマスクをすることが一番の対策だと考えられているために、春になるとマスクをしている方が増えます。

しかし、マスクをするだけでなく、食べ物から花粉症の症状をやわらげたり、敏感なのを防いだりする役目を得ることもできるのです。

花粉症対策にオススメの食材

花粉症の方、そして花粉症ではない方も花粉対策として食べてもらいたい食材は、乳酸菌を含むものです。

乳酸菌は糖を分解して乳酸を作る細菌の総称なのですが、ヨーグルトやチーズなどの乳製品や、乳酸菌飲料に含まれています。乳酸菌は腸の中にたくさんある細菌のバランスを良くしてくれるので、身体の調子を整えてくれます。

乳酸菌にもいろいろあるのですが、中でも注目したいのが、『乳酸菌L-92株』という乳酸菌です。

食品ではじめて花粉に効果があるかの実験を行い、眼のかゆみや鼻のかゆみが軽くなるという実験結果が出ました。

花粉症が辛くて不健康だと感じる方もいると思いますが、食べることによって軽減できることもあります。まずは外側の予防を徹底して、そして内側からでも軽減できるように意識しましょう。

乳酸菌は気軽に手に入れられるので、是非お試しください。

●ライター/Moko(健康アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする